お知らせ

2017年9月30日をもちましてニュースサイト「MANTAN BizBuz」(https://bizbuz.mantan-web.jp/)はサービスを終了しました。
今後、株式会社MANTANのビジネス関連ニュースは「MANTANWEB」のビジネスコーナー(https://mantan-web.jp/biz/)に掲載いたします。

ジャンル :  話題
文字サイズ変更

PS4:目指すは「一家に一台」 SIEJA盛田厚プレジデントにインタビュー

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアの盛田厚プレジデント

 PS4の普及が順調で、PSVRも品不足状態になるなど、ソニーのゲーム事業を担当するソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)の業績が好調だ。その原動力は欧米市場だが、一方日本市場はスマホゲームに押され、家庭用ゲーム機市場の苦戦が続いている。SIEの日本市場を統括する社内カンパニー「SIEジャパンアジア」(SIEJA)の盛田厚プレジデントに話を聞いた。

 ◇「一家に一台のPS4」目指す


――欧米で好調のPS4だが、日本市場では今ひとつだ。

 私が2年前に着任したときは、日本向けのゲームソフトが少なく、いろいろなタイトルを発売した。コアなゲームファンに売ることは達成できたが、もちろん満足していない。昔のゲーム機は、子供のいる家庭にほぼあったから、(PS4は)PS2並みの普及を目指したい。7月には「ドラゴンクエスト(ドラクエ)11」も出てくる。(開発中の)「みんなのGOLF」のようなファミリー層向けのタイトルも提供し、カジュアルユーザーを拡大していきたい。ゲームファンの拡大、訴求する活動は今後も強化してやる。


――任天堂が唱える「ゲーム人口の拡大」と同じ?

 同じだが、任天堂のゲーム機「ニンテンドースイッチ」と戦うということではない。任天堂も「ゲーム人口の拡大」のプロモーションはやるだろうし、「ゲーム人口の拡大」を推し進めていけるから良いことだと思う。もちろん、PS4をきちんと売っていきたい。ゲーム体験だけでなく、(ゲーム以外のコンテンツである)ノンゲームへ訴求もしていきたい。

――ノンゲームの訴求とは。

 エンターテインメントのボーダー(境界)は、なくなったと思っている。ソニーグループには、ゲーム以外のエンタメの会社はたくさんあり、それらを最適に楽しめるデバイスがPS4だ。笑われるかもしれないが、「一家に一台のPS4」を目指したい。

 ◇VRの普及はソニーの責任

――PSVRが、発売から半年後でも完売状態。意図的に商品を絞っている?

 発売前の需要が読みきれず、我々も考えて作ったが、結果として需要が追いついていなかった。その点は申し訳ないと思っている。コンサバティブ(保守的)と言われると、我々が用意していたより売れたわけで、そういうことになる。生産体制も増強し、時期についてはできるだけ早いタイミングとしかいえないが、今後は徐々に解消していくと思う。

――VRの熱は冷めているように思えるが。対策は考えているか。

 広い層に受けるキラータイトルは、必要だと思っている。VRというテクノロジーは、ゲームの中に入って遊べる「ゲーマーの夢」というだけでない。映像を360度見回せるイノベーションと思っている。今年一気に(売り上げを)跳ね上げる(一過性の)ものでなく、どうやったらテレビと同じように普及できるかを考えなくてはいけない。PSVRは「どこでもドア」「タイムマシン」と思っている。

――テレビ並みになれるのか。

 VRは、そういう技術だと思う。テレビが進化してモノクロからカラーになったように、VRもそこまで持っていくように頑張らないといけない。それはソニーの責任だと思っている。

――携帯ゲーム機「PSVita」の戦略は?

 戦略は答えられない。PSVitaは、「マインクラフト」や「ドラゴンクエストビルダーズ」のおかげで、(ソニーのゲーム機が弱いとされる)子供への拡大はできた。子供へリーチする重要なプラットフォームで、今年は力を置いてやっていきたい。

最新ニュース

BizBuz アーカイブ
  • WOWMAX:米グランデールにサウンドスタジオを開設

     映像プロデュースなどを手がける「WOWMAX」社は、サウンドスタジオ「WOWMAX STUDIOS」を米ハリウッドにほど近いカリフォルニア州グランデールにこのほど開設した。

    ジャンル: 話題
  • Tangle:大ヒット感触玩具が日本上陸 手遊びがクセになる

     湾曲したパイプを指先で絡ませたりして手遊びを楽しむ“感触玩具”の「Tangle(タングル)」が、バンダイの子会社・シー・シー・ピーから10月6日に発売されることが25日、分かった。1981年に米国で開発され、これまでに世界で累計1億5000万個以上が販売されているヒット玩具で、シー・シー・ピーの新ブランド「アソビエーション」で日本に本格的に上陸することになった。色や素材、触り心地が異なる全18種類がラインアップされ、価格は各842円。

    ジャンル: 商品 話題
  • KILTA:「セルフリノベーション」が学べる 横浜市都筑区にオープン

     古い住宅や店舗などを大規模改修する「リノベーション」を自分の手で行う「セルフリノベーション」が学べる施設「KILTA(キルタ)」がこのほど、横浜市都筑区にオープンした。

    ジャンル: スポット 話題
  • 長崎県:憧れのしま暮らし 移住体験ツアー実施

     長崎県は、五島列島や壱岐・対馬の国境離島への移住希望者を対象に、参加費2万円、2泊3日で現地の職場見学や先輩移住者を訪ねる「長崎のしまで暮らそう!働こう!移住体験ツアー」の参加者を募集している。定員各6人、締め切りは30日まで。

    ジャンル: イベント 話題
  • エスピック:旅行、部活で社員結束 IT企業として50周年

     1990年代には8割を超える企業が実施していた社員旅行が、近年5割を切る実施率となっている。若者のプライベート重視傾向などが要因だ。そんな中、ソフトウエア開発の「エスピック」は、社員を挙げての旅行やイベント、部活動などに積極的に取り組んでいる。競争の激しいIT分野で、創業50年を迎えた同社の狙いを探った。

    ジャンル: 話題
  • 女子アナ47:元・地方局アナ中心に結成 地方創生への貢献を目指す

     地方局出身の女性アナウンサーを中心とした「女子アナ47(フォーティセブン)」が、このほど結成された。同グループの代表を務める元・九州朝日放送アナウンサーの長崎真友子さんが、地方局出身の女性アナの社会的地位の向上と、地方創生への貢献などを目的に設立した。女子アナを活用して情報を発信したい全国の自治体や企業をマッチングするサイトもこのほど、オープンした。

    ジャンル: 話題
  • ザ・リーダー:サクラクレパス西村彦四郎社長 100年文具メーカーの新戦略とは

     経済界を引っ張る経営者にMBSの高井美紀アナウンサーがインタビューし、その人間像を描き出すドキュメンタリー番組「ザ・リーダー」(MBS、関西ローカル)が10日午前5時から放送される。今回は老舗の文具メーカー・サクラクレパスの西村彦四郎社長を紹介する。

    ジャンル: 話題
  • 究極のTKG:卵かけご飯の調理玩具が登場 白身がフワフワに

     卵かけご飯の卵をフワフワな食感に仕上げられる調理玩具「究極のTKG」が、タカラトミーアーツから10月26日に発売されることが分かった。卵を自動で割って、黄身と白身を分離させ、白身をメレンゲ状に仕上げることができる。価格は3500円(税抜き)。6日、東京都立産業貿易センター台東館(東京都台東区)で開幕したクリスマス商戦に向けた玩具の関係者向け展示会「クリスマスおもちゃ見本市2017」でお披露目された。

    ジャンル: 商品 話題
  • (動画付き記事)山田孝之:トランスコスモスと共同で新会社設立 取締役CIOに就任

     俳優の山田孝之さんが、ITサービスを提供するトランスコスモスと共同で新会社「me&stars(ミーアンドスターズ)」を設立し、取締役CIO(Chief Innovation Officer)に就任したことが5日、分かった。

    ジャンル: 話題
  • 長谷川工業:1連はしご「スカイラダー」 業界初の完全国内自社生産

     はしご・脚立メーカーの長谷川工業(本社・大阪市西区)は9月1日、業界初となる完全国内自社生産で、高さ調整可能なコンパクト1連はしご「スカイラダー」を発売する。

    ジャンル: 商品
BizBuz アーカイブ

震災支援特集

スマホ特集

BizBuz動画