ジャンル :  話題
文字サイズ変更

コロンブス:伝統の「靴みがき入社式」 今年も実施

コロンブスの「靴みがき入社式」の様子

 靴用品メーカーのコロンブスは3日、東京都台東区の本社で伝統の「靴みがき入社式」を行った。新入社員が先輩社員に靴を磨いてもらい、次にその技術を学んだ新入社員が先輩の靴を磨くことによって、主力商品である靴クリームの理解を深めてもらおうと、同社が毎年行っている独自の入社式。45回目となる今年は11人の新入社員が、服部達人社長の訓示、辞令交付の後、先輩社員とペアを組み、靴磨きを行った。

 靴磨きを振り返った女性新入社員は、「靴がきれいになると、気持ちも心もきれいになることを体感しました。自分の靴を磨いてもらった分、先輩の靴もきれいにしてあげたいと、前向きになれ、改めて入社を実感しました」と話した。

 新入社員たちの靴磨きを見守った同社担当者は、「(新入社員たちは)先輩の靴を心を込めて懸命に磨いたので、100点。技術点としては、これから伸びることを期待して80点。先輩たちも、緊張する新人たちに、心を込めて指導したので100点。これで、互いの顔を覚えたと思う。新人たちは、先輩から指導を受けながら、大きく育ってほしい」と期待を込めた。

写真特集 全6枚

もっと見たい方は写真をクリック!

最新ニュース

BizBuz アーカイブ
BizBuz アーカイブ

震災支援特集

スマホ特集

ウィークリーニュースONZE×BizBuz