ジャンル :  サービス スマホ
文字サイズ変更

ソフトバンク:体感の高速化を追求 アイフォーン通信品質に自信

ソフトバンク東日本モバイルエリア本部の浅山絵里さん

 米アップルのスマートフォン新モデル「iPhone(アイフォーン)6s」が9月に発売され、国内携帯3社の販売競争が激化する中、ソフトバンクは、速度や安定感といったネットワーク品質の面でアピールを強めている。同社では、理論値の通信速度ではなく、ユーザーが体感する実際の速度「実効速度」に重点を置いた取り組みを展開しているといい、その狙いや成果などについて、同社東日本モバイルエリア本部の浅山絵里さんに話を聞いた。【大類洋輔】

 --現在のソフトバンクのLTEネットワークの状況は。

 LTEエリア拡大と通信の高速化の二つに力を入れていて、エリアについては、現在、LTEの実人口カバー率が99%以上になっており、1年前に比べてLTEエリアは2.2倍に拡大している。これは、2014年から開始したプラチナバンド(周波数900MHz帯)のLTEがカントリーサイド(地方のエリア)で順調に整備されているのが要因。

 また、高速化について、従来、ソフトバンクのLTEネットワークは、FDD-LTE方式(上り、下りの通信を異なる周波数帯で行う方式)の「SoftBank 4G LTE」と、TDD-LTE方式(同一周波数上で、上り、下りを時間で分割して通信する方式)の「SoftBank 4G」の二つの規格で提供しており、これまで、混雑状況に合わせて最適な回線を利用することで、快適な通信を実現する「Hybrid 4G LTE」を提供してきた。昨年9月からは、両方の通信方式でそれぞれ、複数の異なる回線を“束ねる”ことで、安定した通信と速度の向上が可能になる「キャリアアグリゲーション」を提供し、今春からスマートフォンへの対応も開始した。アイフォーン6sも対応している。主要都市などについては、キャリアアグリゲーションが使えるエリアが整備できており、今後も東名阪(東京、名古屋、大阪)を中心に順次全国へ広げていく。

 --ネットワークの提供で重視しているところは。

 重視しているのは「実効速度」。私たちはユーザーがどう感じるかが大事だと思っている。他社では理論値の速度でアピールしているが、通信規格上の最高速度でアピールするのではなく、ユーザーが体感する実際の速度をポイントにネットワークの構築に注力している。

 --実効速度を高めるために、どのような取り組みを。

 通信などに関するビッグデータを日々解析し、トラフィック(通信データ量)が集中し負荷がかかっているところやネットワークに接続できない状態などを検出して、それらの原因を分析し、基地局のチューニングを行っている。また、データ解析だけではわからない場所に関しては、実際に社員が現場に行って測定するなど、集まった問題箇所の中から優先度をつけて、基地局を改善している。もちろん、その後の検証なども実施しており、そのPDCA(Plan:計画、Do:実行、Check:評価、Act:改善)のサイクルを何回も繰り返すことで、LTE通信率やその速度を上げる取り組みを行っている。

 --どのような改善を行っているか。

 すでに設置してある基地局の設定を変えたり、アンテナの角度を変えたり、また、既存の基地局でカバーできないときは新しい基地局を設置することなどを行っている。都市部など、トラフィックが高いところは、「パケ詰まり」が起きやすくなるが、トラフィックを分散して高速通信を実現するため、そのような場所には、積極的にマイクロセル(小出力基地局)の導入を行っている。

 --それら取り組みの成果は。

 マーケティング調査会社のクロス・マーケティングが10月6日に発表した「アイフォーン 6s 高速通信ネットワーク調査」によると、全国6エリア(北海道・東北、関東甲信、中部、近畿、中国・四国、九州・沖縄)の乗降客数上位の駅から選定した300駅で、それぞれ大手携帯キャリアー3社のアイフォーン6sを使ってそれぞれダウンロード速度を計測したところ、平均通信速度は他の2社が7.02Mbps、10.54Mbpsだったのに対し、ソフトバンクは12.18Mbpsと3社の中で最も速かった。この結果は、ビッグデータの解析であぶり出された課題に対し、原因を分析し、地道に基地局のチューニングに取り組んできた成果だと考えている。同じロケーションの中で3社を比べ、このような数字が出たのは私たちにとって励みになる。

 --今後の取り組みは。

 快適に高速通信を利用してもらうため、キャリアアグリゲーションに対応する基地局をさらに拡充していく。また、実効速度を上げていくため、ビッグデータの解析や基地局のチューニングなどを引き続き強化していく。

最新ニュース

BizBuz アーカイブ
  • 東京ヴェルディ:銀魂とコラボ 20日の試合でグッズ限定販売

     空知英秋さんの人気マンガが原作のアニメ「銀魂」と、サッカーJ2・東京ヴェルディのコラボグッズが、20日に味の素スタジアム(東京都調布市)で行われるヴェルディ対V・ファーレン長崎戦で限定販売される。

    ジャンル: 商品
  • かっぱ寿司:「食べ放題」期間限定で復活 今回は事前予約制 28日から

     回転ずしチェーン「かっぱ寿司」を展開するカッパ・クリエイトは、28日から食べ放題サービスを一部店舗で実施する。6~7月に期間限定で実施した食べ放題は想定を上回る反響だったといい、今回は「新・食べ放題」として“復活”。9月8日までの期間限定で平日午後2~5時に実施する。

    ジャンル: 話題
  • オオヌキタクト:FM802の人気DJ ミサイルマン西代とオープンキャンパスプロデュース

     FM802の人気DJオオヌキタクトさんがMCを務めるエンタメ情報番組「CunE!(キューン)」(読売テレビ、関西ローカル)の特別編として、オオヌキさんと漫才コンビ「ミサイルマン」の西代洋さんが19日に流通科学大学(神戸市西区)で開かれるオープンキャンパスイベントをプロデュースすることになり、出演者のブッキングやパフォーマンスの企画などの舞台裏が11、18の両日に番組で放送される。

    ジャンル: イベント
  • ジョジョの奇妙な冒険:タニタとコラボした体組成計登場 仗助らの音声収録

     健康計測機器メーカーのタニタは8日、荒木飛呂彦さんの人気マンガが原作のテレビアニメ「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」とコラボした体組成計「BC-202-DU」の予約受け付けを開始した。予約販売のみの限定商品となる。

    ジャンル: 商品
  • FM802:LINE LIVEと同時生番組放送 DISH//出演で40万人視聴

     大阪の放送局「FM802」が、6日に動画配信サービス「LINE LIVE」の公式チャンネルの番組「Nj印」と同時配信される特別番組「802 radio evolution」を生放送した。LINE LIVEとの連動は同局初の取り組みで、番組視聴者数は40万人を超え、「いいね!」数も120万を突破する大反響だった。

    ジャンル: 話題
  • タカラトミー:トランスフォーマーデザインのハイレゾヘッドホン発売へ パイオニアとコラボ

     タカラトミーは、オンキヨー&パイオニアイノベーションズのハイレゾ対応ヘッドホンをベースに“トランスフォーマーデザイン”を施した「SE-MX8-K MODE TRANSFORMERS AUTOBOT ver.」と「SE-MX8-K MODE TRANSFORMERS DECEPTICON ver.」の2種類を発売すると発表した。4日正午から公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」で予約を受け付ける。価格は各2万9000円で、10月下旬発売予定。

    ジャンル: 商品
  • コヨーテ:東映、東アニ音楽出版、DLEが合弁会社を設立 アニメを企画、プロデュース

     東映、東映アニメ音楽出版、アニメ「秘密結社 鷹の爪」シリーズなどのディー・エル・イー(DLE)が、合弁会社・コヨーテを設立したことが3日、分かった。日本およびアジア全域の市場に向け、アニメのオリジナル企画、プロデュースを行う。

    ジャンル: 話題
  • ビルズ:大阪出店で関西初上陸

     パンケーキなどが人気のオーストラリア発のレストラン「bills(ビルズ)」の関西エリア第1号店となる「ビルズ 大阪」が11月3日にオープンすることが1日、分かった。JR大阪駅直結のショッピング施設「LUCUA 1100(ルクア イーレ)」(大阪市北区)の7階に開業する。

    ジャンル: スポット
  • 仮面ライダー電王:通勤快足ソックスとコラボ モモタロスをデザイン

     特撮ドラマ「仮面ライダー電王」の放送10周年を記念して、レナウンの紳士用靴下「通勤快足」のコラボアイテム「『仮面ライダー電王』×『通勤快足』ソックス」が、バンダイから発売されることが分かった。価格は2160円。

    ジャンル: 商品
BizBuz アーカイブ

震災支援特集

スマホ特集

BizBuz動画