ジャンル : 動画

ウイークリーニュースONZE×BizBuz:再生可能エネルギーで未来へ〜電力自由化への挑戦〜

視聴回数
464
再生時間
06:27

 BS11の報道番組「ウイークリーニュースONZE」のビジネス情報コーナー「BizBuz」の最終回では、「再生可能エネルギーで未来へ〜電力自由化への挑戦〜」と題して、再生可能エネルギーを主軸に電力事業に乗り出す「Looop」に注目した。

 2016年4月から電気の小売りが「全面自由化」が実施される。従来の大手10社に加え、携帯電話会社やケーブルテレビ会社、石油会社などさまざまな企業が参入し、これまでにない料金プランや、ガスやガソリンなどとのセット割引などの新サービスが提供される。

 そんな中、太陽光や水力、地熱など再生可能エネルギーによる電力に重点を置いて参入したのが「Looop」だ。中村創一郎社長は2011年の東日本大震災で、太陽光パネルの設置ボランティアをしたことがきっかけに、再生可能エネルギー事業に乗り出した。同社は、安価で自分で組み立てられる太陽光発電キットの販売や、自社での太陽光発電所の設置などを進めてきた。今回、全国約1500カ所の太陽光発電所などから電力を調達し、基本料金0円で電力を供給するといったサービスで注目を集めている。

 中村社長が再生可能エネルギー事業に参入したのは、震災のボランティアで太陽光パネルを設置するため。宮城県の雄勝半島を訪れたことがきっかけだったという。「太陽光パネルを設置して非常に小さなエネルギーだが、提供すれば喜ぶ人がいた。太陽光エネルギーという小さいエネルギーをもっとたくさん組み合わせることで、大きなエネルギーになるんじゃないか。そういったエネルギーを活用して、多くの人に届けられるような会社を作りたいと思った」と語る。

 また、中村社長は究極の目標として「エネルギーをフリー(無料)にする」ことを挙げ、「今の太陽光発電所は20年後も、30年後も、40年後も発電を続けられる。さらに風力や水力など電力を作り続ければ、フリーに近い電力を作れる。笑われるかもしれないが、人類は創造性を爆発させる。新しいルネサンスになるんじゃないか。例えば、竜宮城みたいなものが作れるかもしれない。個人的には、(宮崎駿監督のアニメ「天空の城ラピュタ」に出てきた「ラピュタ」を作りたい。空の上で、街があるみたいな、そんな未来って、すごいわくわくするじゃないですか」と目を輝かせ、「そんな未来を作るために、今、たくさん発電所を作っていて、フリーな電源を子どもたちに残していきたい」と夢を語った。

 再生エネルギーは火力などに比べてまだまだコストが高く、大きな資本や全国規模のネットワークを持った企業がライバルで、国の再生エネルギー固定価格買取制度(FIT)が10年から20年で見直すとされており、10年に当たる2022年度以降どうなるかなどの課題も多く残されているが、中村社長は日本に多くある地熱に着目し、発電所建設も進めており、今後が注目だ。

2016年3月27日放送

放送時間:BS11毎週日曜日 午後6時00分~6時55分
キャスター:
元村 有希子(毎日新聞編集委員)
田野辺 美鈴
コメンテーター:
山路 徹(ジャーナリスト)
BizBuzコーナー
出演:猪狩 淳一(毎日新聞デジタル)

最新動画

動画トップ

震災支援特集

スマホ特集

ウィークリーニュースONZE×BizBuz