ジャンル :  話題
文字サイズ変更

この世界の片隅に:大ヒットの裏に……クラウドファンディング、ネット口コミと“二つのエンドロール”の威力

「この世界の片隅に」のメーンビジュアル(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

 「君の名は。」「シン・ゴジラ」が興行成績1、2位となり、邦画が大豊作といわれた2016年。劇場版アニメ「この世界の片隅に」も“単館系”作品ながらロングランになった。テレビなどで大宣伝する超大作ではない作品が興行的にも成功し、映画界では“SNS元年”ともいわれている。「この世界……」を中心に、ネットの口コミデータから、“ヒットの理由”をひもといてみた。【猪狩淳一】

 「この世界……」は、「漫画アクション」(双葉社)で連載され、2009年「文化庁メディア芸術祭」のマンガ部門優秀賞を受賞した、こうの史代さんのマンガが原作。「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直監督がアニメ化した。戦時中、広島・呉に嫁いだ18歳のすずの日常と戦争を丹念に描いた。クラウドファンディングで約4000万円を集め、パイロット版を制作して、劇場版制作の資金を調達した。昨年11月の公開当初の上映館数は63館だったが、じわじわと広がり続けて年明けには200館を超え、観客動員も100万人を突破している。

 ネットの口コミなどを調査するホットリンクの「クチコミ@係長」によると、公開から1カ月間でのツイッターでの口コミ数(10%をサンプリング)は約2万1000件。興行収入232億円を突破する記録的なヒットとなった「君の名は。」は約25万件と桁違いで、2位の「シン・ゴジラ」が約8万件と続く。

 「この世界……」の2万件は、「ズートピア」「スター・ウォーズ フォースの覚醒」に続く口コミ数5位で、興収5位の「ファインディング・ドリー」の約1万8000件を超えている。同作が2016年の全米興行収入1位を獲得したディズニーアニメというメジャー作品であることを考えると大健闘だ。

 特徴的なのは、「エンドロールの最後」「エンドロール」といった言葉が頻出、形容詞では「良い」「すごい」「素晴らしい」といったポジティブな言葉が多いのはもちろん、「うれしい」「ほしい」も多かった。

 この頻出語とクラウドファンディングによる資金調達手法は関連している。通常のエンドロールが流れる中ですずたちの後日譚(たん)が描かれた絵が映される。その後、クラウドファンディングに参加した約3000人の名前が紹介される「もう一つのエンドロール」で、原作で描かれながらアニメではカットされたというあるキャラクターのストーリーが印象的なアニメーションとして語られる。非常に長いエンドロールだが、これを含めて作品ということで、「#エンドロールの最後まで」というハッシュタグが付けられるほど、口コミの重要な要素となった。

 「ほしい」という言葉も「原作」や「たくさんの人」「映画館」と組み合わせて使われることが多く、多くの人に薦めるコメントが大半で、クラウドファンディングの出資者や原作ファンが作品の広がりを後押ししているようだ。

 映画コメンテーターの有村昆さんは「『君の名は。』『シン・ゴジラ』もテレビで宣伝する手法より、個人のSNSの口コミ拡散力が強くなった。拡散された作品が素晴らしかった面もあるが、まさに“宣伝SNS元年”といえる。映画界全体が変わり始めている」と分析する。片渕監督も「初めからお客さんの応援があった」と語る。この作品のヒットが、今後の日本映画に与える影響は大きいかもしれない。

最新ニュース

BizBuz アーカイブ
  • 京急電鉄:車内を再現したカラオケルーム JOYSOUND品川港南口店に登場

     京浜急行電鉄の電車内を再現したカラオケルーム「京急電鉄カラオケルーム」が、JOYSOUND品川港南口店(東京都港区)に20日、オープンした。同社が監修した「リアル運転士・車掌体感ルーム」と「KEIKYU車内体感ルーム」の2部屋がある。

    ジャンル: スポット 話題
  • かっぱ寿司:吹石一恵をイメージキャラクターに起用

     女優の吹石一恵さんが回転ずしチェーン「かっぱ寿司」のイメージキャラクターに就任し、19日、東京都内で行われた「かっぱ寿司 新CM発表会」に出席した。新CMで“女漁師”を演じた吹石さんは、漁港で大量の氷が入ったコンテナを引っ張るシーンを振り返り、「ひたすらコンテナを引っ張る作業を何十回もしました。多分、ここらへん(額)に血管が浮いていると思います。お芝居というか、本当の本気だった。翌日、翌々日とどんどん体が(筋肉痛で)バキバキになりました」と明かした。

    ジャンル: 話題
  • ヤフー:新ゲームサービス「ゲームプラス」開始 FF10など39タイトル用意

     ヤフーは18日、高品質なブラウザーゲームが楽しめるという新サービス「Yahoo!ゲーム ゲームプラス」を開始した。スクウェア・エニックスの「ファイナルファンタジー10 HDリマスター」や、同社のオリジナルゲーム「アンティーク カルネヴァーレ」など計39タイトルを用意する。

    ジャンル: 話題
  • すみだ水族館:クラゲ×妖怪の「水の妖怪トンネル」登場 水木しげるさんと“コラボ”

     すみだ水族館(東京都墨田区)の夏のイベントとして、館内の展示エリア「クラゲ万華鏡トンネル」を「ゲゲゲの鬼太郎」などで知られる水木しげるさんが描いた“水”にまつわる妖怪たちで演出する「水木しげる×すみだ水族館 水の妖怪トンネル」が15日から開催される。9月10日まで。

    ジャンル: イベント
  • ゴジラ展:名古屋市博物館で明日開展 名古屋城前でゴジラと“共演”も

     特撮怪獣映画「ゴジラ」シリーズの歴史を、造形やデザイン画などの資料からたどる展覧会「特別展『ゴジラ展』」が15日から9月3日まで、名古屋市博物館(名古屋市瑞穂区)で開催される。14日、報道陣や関係者向けの内覧会が行われ、名古屋城を背景にゴジラと“共演”できるスポット「特撮体験スタジオ」や、撮影可能なゴジラスーツ、全作のポスターなど展示物が公開された。

    ジャンル: イベント
  • フジテレビ:ワンピ等身大フィギュア31体登場 月9VR体験も 恒例夏イベント15日開幕

     フジテレビの恒例の夏の大型イベント「お台場みんなの夢大陸2017」が、東京・台場の同局本社屋とその周辺エリア「スマイルランド」で15日から開催される。今年は、アニメ「ONE PIECE(ワンピース)」の人気キャラクターの等身大フィギュア31体の展示や、“月9”ドラマ「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」のVRコンテンツが楽しめるブースなど、同局の人気番組をテーマにした企画やアトラクションなどを用意する。8月31日まで。開幕を前に13日、内覧会が行われた。

    ジャンル: イベント
  • 週刊少年ジャンプ展:第1弾は創刊~80年代の原画が350点 マッスル・ドッキング立像も

     1968年に創刊されたマンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)の歴史を振り返る企画展の第1弾「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.1創刊~1980年代、伝説のはじまり」が18日から森アーツセンターギャラリー(東京都港区)で開催される。13日、関係者向けの内覧会が行われ、「ハレンチ学園」「北斗の拳」「ドラゴンボール」「キン肉マン」「キャプテン翼」など創刊から1980年代までの名作の350点以上の原画などがお披露目された。10月15日まで。

    ジャンル: イベント
  • 剛力彩芽:Amazonキャンペーンで“配達員”に 一般家庭を突撃訪問

     女優の剛力彩芽さんが11日、Amazonのセール「プライムデー 2017」の「Prime Now特別企画『有名人があなたのお宅にお届けキャンペーン』」のPRのため、1時間で商品を届ける同社のサービス「Prime Now」に“配達員”として同行。商品を注文した東京都内の女性宅を訪問し、商品を無事に届けた。笑顔で商品を手渡した剛力さんは「やさしく迎え入れてくれてよかった。あたたかくて……」とホッとした表情を浮かべていた。

    ジャンル: 話題
  • COZMO:人気ロボット玩具が日本上陸 コンセプトは“心を持つAI”

     “心を持つAIロボット”がコンセプトのロボット玩具「COZMO(コズモ)」が、タカラトミーから9月23日に発売されることが11日、分かった。2016年10月に米国で「Anki(アンキ)」から発売された玩具で、同国では売り切れ店が続出するほど人気を集めたといい、日本に上陸することになった。カメラで人間の表情などを認識して、1000パターン以上の反応をする。価格は2万6980円(税抜き)。

    ジャンル: 商品 話題
  • セブン-イレブン:幻の“ミュウ”などゲットだぜ! 「ポケモンラリー」開始へ

     コンビニエンスストアのセブン-イレブンが、携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」を持ってセブン-イレブン店舗を回ると人気ゲーム「ポケットモンスター」に登場する“ミュウ”など特別なポケモンが受け取れるキャンペーン「ポケモンラリー2017」を11日から開始することが分かった。第1弾は31日まで。第2弾は8月1~20日に実施される。

    ジャンル: イベント
BizBuz アーカイブ

震災支援特集

スマホ特集

BizBuz動画