ジャンル :  話題
文字サイズ変更

いばキラTV:「攻める」茨城県のネット動画に自治体広報も注目

茨城県広報監の取出新吾氏

 公職選挙法の改正によって選挙年齢が18歳に引き下げられたことで、自治体は今まで以上に若者を対象とした広報活動が必要となってきた。若者のテレビ、新聞離れが進む今、茨城県が取り組んできたインターネット動画サイト「いばキラTV」が全国の自治体から注目されている。【経済界・井上 博】

 ◇公職選挙法の改正によって注目されるネット動画

 2015年6月の公職選挙法等改正によって、18歳以上20歳未満の者が新たに選挙に参加できるようになった。改正後、初の国政選挙となった今年7月の参議院選挙では、マスコミ各社が選挙特集を組み、自治体では高校生の選挙体験を実施するなど選挙権を持った世代に投票をアピールしてきた。

 しかし、いくら投票を呼び掛けても国や自治体が行っている施策や活動を知ってもらい、関心を持ってもらわなければ選挙は単なる人気投票となってしまう。新しく選挙権を持った世代、投票率が低い20代に行政の情報をいかに伝えるかが、全国の自治体の課題となっている。

 その解決策のひとつとして注目されているのが、日本で一番見られている自治体の動画サイトといわれる茨城県のインターネット動画サイト「いばキラTV」である。

 「若者の新聞離れ、町内会の加入率の減少などによって、昔からの自治体の広報活動である広報誌、掲示板でのポスター、回覧板では若者に限らず、すべての世帯にまんべんなく行政の情報を届けることは難しくなってきました。この世代や世帯の変化、インターネットに対応した行政情報を発信するサイトとして『いばキラTV』はスタートしました」と、説明するのは「いばキラTV」を企画、運営する茨城県広報監の取出新吾氏。

 実は、茨城県は全国で唯一、ローカルの民放テレビ局がない県。そのため、県議会の中継や行政の活動などテレビ番組を通じて情報発信ができない。また、地域のメディアとしての役割を持つケーブルテレビも、県内の一部の地域では提供されていない。県内全域をカバーするローカルテレビやケーブルテレビのない茨城県は、県全域に発信するメディアとしてインターネットに着目、12年に「いばキラTV」を立ち上げた。

 取出氏は、米半導体大手のインテル在籍時の13年から広報ICTディレクターとして「いばキラTV」のテコ入れを図り、15年にインテルを退職。広報監に就任する。

 「開設当初は、テレビ局へのこだわりからライブ動画サービス『Ustream』をプラットフォームに採用、まさにインターネットTVでした。要望が多かった県内のニュースをライブで配信しましたが、『Ustream』での番組配信では本来の目的である情報発信までには至りませんでした。そこで、いつでも好きなときに見られるオンデマンド型の動画配信サービス『YouTube』にプラットフォームを変え、番組という枠にとらわれずにさまざまなコンテンツを増やし、『いばキラTV』のサイトだけではなく、YouTubeのチャンネルとして情報発信する形に変えました」

 その結果、YouTubeを見る若者を中心にアクセスを増やし、自治体の動画サイト“行政動画”の中でコンテンツ数、YouTubeの再生数、チャンネル登録数で全国1位を達成する。この集客力が全国の自治体から注目される理由である。
多様なコンテンツが茨城県の魅力を発信する

 “行政動画”というコンテンツを拡大させた「いばキラTV」が公開する動画数の本数は約8500。その種類も「スポーツ」、「エンタメ」、「観光・グルメ」、「県からのお知らせ」、「いばらきセレクション」など、多様な情報を発信している。

 「行政動画というとイメージアップCMや観光地のPRビデオがありますが、その多くは県外など外部に向けたものです。それに対して『いばキラTV』は、県内に向けたコンテンツがほとんど。その多様なコンテンツは、“素”の茨城県の情報として全国に発信され、観光だけではなく住みたい県としての茨城県の良さのアピールにもつながっています」と、取出氏。

 テレビ局がないことから開設されたが、今ではテレビが放送しない高校生サッカーの地方予選、テニスの県大会など独自のコンテンツも増え、ネット動画の特性を生かしたコンテンツも人気となっている。

 「一番人気は、女性の大食いタレントが茨城県内でデカ盛り料理を食べる『いばらきペロリ』。過去の放送が見られないテレビと違い、いつでも見ることができるネット動画は地域のグルメ情報に最適です。また、19年に開催する茨城国体の選手育成のための弓道の動画は、弓道を学ぶ動画がなかったために予想外にアクセスがありました」

 前例の少ない行政動画という分野だけに、時にはアクセスが増えないコンテンツもあったが、まずはやってみることで行政動画のノウハウを蓄積してきた。今ではそのノウハウが認められ、全国の自治体からの視察も増えている。今年の4月、神奈川県も「かなちゃんTV」を立ち上げ、自治体によるネット動画の発信が動き始めている。

 「これからも多様なコンテンツを発信し、県内だけではなく県外にも茨城県の魅力を発信していきます」と、取出氏。

 「いばキラTV」を見る若い世代が、茨城県を担う世代になった時、ネット動画の役割はますます大きくなる。全国の自治体が広報活動を課題とする中、ネット動画による行政動画は全国に広がっている。

最新ニュース

BizBuz アーカイブ
  • ザ・リーダー:辰馬本家酒造・辰馬健仁社長 “日本酒ビギナー”創出への秘策とは

     経済界を引っ張る経営者にMBSの高井美紀アナウンサーがインタビューし、その人間像を描き出すドキュメンタリー番組「ザ・リーダー」(MBS、関西ローカル)が15日午前5時から放送される。今回は、「白鹿」ブランドで知られる辰馬本家酒造の辰馬健仁社長を取り上げる。350年以上の歴史を持つ同社の16代目社長に35歳の若さで就任した辰馬社長は、日本酒への思い入れや、“日本酒ビギナー”創出への秘策を明かす。また、辰馬社長の父で15代目社長の章夫さんは、1995年1月に起きた阪神・淡路大震災で約13億円の被害を受けた当時の様子などを語る。

    ジャンル: 話題
  • ポーラ:初のシワ改善薬用化粧品「リンクルショット」発売 開発15年、厚労省が認可

     化粧品メーカー「ポーラ」は1日、シワの改善効果がある初の薬用化粧品「リンクルショット メディカル セラム」を発売した。これまで美白効果のある薬用化粧品はあったが、シワの改善効果で厚生労働省の承認を受けたのは初めて。同社では2017年に100億円の売り上げを目指している。

    ジャンル: 商品
  • ポーラ:「リンクルショット」初のシワ改善薬用化粧品 “女性の悩み”解消へ 開発15年の舞台裏 

     化粧品メーカー「ポーラ」は1月、シワの改善効果がある初の薬用化粧品「リンクルショット メディカル セラム」を発売した。これまで美白効果のある薬用化粧品はあったが、シワの改善効果で厚生労働省の認可を受けたのは初めてで、開発から発売まで15年を費やした“悲願”の達成だった。同社の山口裕絵・商品企画部長に「リンクルショット」の特徴と開発の舞台裏を聞いた。【猪狩淳一】

    ジャンル: 商品
  • コカ・コーラ:福岡県産イチゴ「あまおう」エキス使用 「い・ろ・は・す あまおう」九州限定発売

     コカ・コーラシステムは、ミネラルウオーターブランド「い・ろ・は・す」の新ラインアップとして、日本の天然水に福岡県産のイチゴ「あまおう」のエキスを加えたフレーバーウオーター「い・ろ・は・す あまおう」を2月13日から九州エリア限定で発売すると発表した。

    ジャンル: 商品
  • ザ・リーダー:年末SPで京セラ創業者・稲盛和夫に密着 妻への思いなど貴重な素顔も紹介

     経済界を引っ張る経営者にMBSの高井美紀アナウンサーがインタビューし、その人間像を描き出すドキュメンタリー番組「ザ・リーダー」(MBS、関西ローカル)の年末スペシャル「ザ・リーダー スペシャル」が31日に放送される。今回は、京セラを創業した稲盛和夫さんを取り上げる。京セラ本社で稲盛さんは、高井アナに“京セラの原点”とも言える白い小さな部品を紹介したり、創業当時の熱い思いを語るという。

    ジャンル: 話題
  • いばキラTV:「攻める」茨城県のネット動画に自治体広報も注目

     公職選挙法の改正によって選挙年齢が18歳に引き下げられたことで、自治体は今まで以上に若者を対象とした広報活動が必要となってきた。若者のテレビ、新聞離れが進む今、茨城県が取り組んできたインターネット動画サイト「いばキラTV」が全国の自治体から注目されている。【経済界・井上 博】

    ジャンル: 話題
  • 新規公開株:銘柄選定のポイント 松下健哉・大和証券公開引受部長

     人気を集める新規公開株。一時は新規公開企業が年間20社を下回ることもあったが、最近では100社近くに回復した。この傾向は今後も続くのか。もし続くなら、どのような投資スタンスで臨めばいいのか。大和証券の松下健哉・公開引受部長に語ってもらった。

    ジャンル: 話題
  • チームラボ:光に包まれ体験型音楽フェス 光のバーも登場 大阪・堂島で

     NHK大河ドラマ「花燃ゆ」のタイトルバックなどで知られるデジタルアート集団「チームラボ」(猪子寿之代表)の体験型音楽フェスティバル「ミュージックフェスティバル チームラボジャングル」が24日から、堂島リバーフォーラム(大阪市福島区)で開かれる。2017年1月9日まで。

    ジャンル: イベント 話題
BizBuz アーカイブ

震災支援特集

スマホ特集

ウィークリーニュースONZE×BizBuz