ジャンル :  話題
文字サイズ変更

聖地巡礼:インバウンド倍増のカギ 「スラムダンク」「らき☆すた」モデルに 聖地88カ所を選定

聖地巡礼はインバウンドを増やせるか

 2020年までに訪日外国人観光客数4000万人を目指す日本。2000万人にまでは順調に増えたが、さらに倍の人数にするには、さらなる観光資源開発と地方への誘導が欠かせない。現在、その可能性に期待されているのがアニメ作品。そのゆかりの地を巡る「聖地巡礼」に注目が集まっている。(経済界・古賀寛明)

 ◇四国巡礼の経済効果1650億円

 9月16日、出版社のKADOKAWAやJTB、日本航空などが中心となり、アニメの舞台やゆかりの地から88カ所を選定。その地を連携することで、インバウンド客も含めた観光客の誘致を促進する「アニメツーリズム協会」を設立した。理事長には、「機動戦士ガンダム」の生みの親である富野由悠季氏が、副理事長には、KADOKAWA会長の角川歴彦氏が就任した。

 人気アニメにおいて、その舞台となった街や場所は、ファンから「聖地」と呼ばれる。その場所をまるで巡礼者のようにファンが訪れるため、こうした旅を「聖地巡礼」と呼ぶ。今回、誕生したアニメツーリズム協会は、こうしたアニメの聖地や作者の誕生地、記念館などから88カ所を厳選し、それぞれの地域の行政や企業などと結び付けることで周遊観光ルートをつくり、より多くのファンに来てもらおうと考えている。また、観光資源としてアニメ作品に注目し、それを核に地域活性の呼び水にしようといった狙いもある。88という数も四国八十八カ所霊場を巡る巡礼から着想を得たようで、四国中を巡るお遍路さんのようにアニメファンが全国を巡る姿を想定しているようだ。

 一般的に巡礼は、宗教的意味はもちろんだが、経済波及効果においても大きな意味を持つ。イスラム教のハッジといわれる大巡礼には今年も190万人の巡礼者が世界中から聖地メッカを訪れた。お遍路さんの経済効果も、宮本勝浩・関西大学名誉教授の試算によれば、約1650億円(16年)も効果があり、その8割の1320億円が四国を潤している。お伊勢参り、大山参りなど昔にさかのぼってみても、日本人の巡礼はひとつの旅の形態であり、なじみ深いスタイルである。そういった面ではアニメといえど、地域を潤す効果的な方法なのかもしれない。

 そもそも聖地巡礼のような作品の舞台を巡る旅は、何もアニメに限ったものではなく、広くはフィルムツーリズムと呼ばれる。北海道富良野市が、日本有数の観光地になった理由のひとつにもフジテレビ系ドラマの「北の国から」の影響が大きい。海外に目を向けても、ローマに行けば、映画「ローマの休日」ゆかりの地を巡る観光客は多く、ニューヨークでも数々の映画から多くの人気の観光地が生まれている。アニメでも、9月16日現在で、65億円を突破した話題の映画「君の名は。」の舞台である東京都新宿区や岐阜県の飛騨市で、印象的なシーンのモデルとなった場所を探し歩くファンが後を絶たないという。

 このようにアニメ作品を含む数多くの作品が、人を呼び寄せ、その土地にお金も落としてはいるが、果たしてインバウンド客までも呼び寄せることはできるのだろうか。

 ◇アニメを窓口に地方へ誘導

 神奈川県鎌倉市にある江ノ島電鉄・鎌倉高校前駅近くの踏切にはなぜか、多くの外国人観光客が七里ケ浜の海とともに江ノ電の踏切を撮影している。ここもアニメ「スラムダンク」に登場する場所のモデルとなった聖地で、その大多数が台湾人、次いで香港、中国からの観光客だ。既に放映開始から20年以上もたっていることもあり、子どものころに影響を受けた作品の舞台を大人になって訪れる人が多いのだそうだ。中でも台湾と湘南の縁は深く、江ノ島電鉄と台湾鉄道は1日乗車券の相互無償交換を13年から行い観光連携を図っていたが、16年3月には友好鉄道協定を締結。こうした提携深化の裏に聖地巡礼が関係していることは間違いない。

 アニメコンテンツの強さは、「スラムダンク」のような誰もが知っている作品だけではない。埼玉県久喜市(旧鷲宮町)を舞台にした「らき☆すた」は、老若男女が知っているアニメではないが聖地巡礼のモデルケースとして知られる。この作品の聖地である鷲宮神社の初詣客は、放送前には9万人だったものが放送後に一気に30万人にまで増え、近年は47万人前後で推移している。以前、久喜市商工会鷲宮支所に取材した時にも「中国、台湾、韓国からの観光客も増えてきた」と話していた。日本人が思っている以上に、アニメ作品の人気は高く、また、ファンの聖地に対する思いも強いことが分かる。

 しかし、発足したばかりのアニメツーリズム協会が考えるような88カ所を巡る周遊観光ルートがうまくいくかどうかは不明だ。アニメと一口でいっても、テーマやジャンルはさまざまであるし絵のタッチもまるで違う。また、地域との連携が欠かせないため、潜在的な需要があっても、地域の実力者が保守的などといった理由で新たな取り組みに積極的ではないことも考えられる。実際にそういったケースは多い。だからこそ、まずは成功事例をつくり、数字という分かりやすい指標を示すことが重要になる。

最新ニュース

BizBuz アーカイブ
  • オスカー:上戸彩、米倉涼子らの所属事務所が芸能界初の「宇宙事業開発本部」発足

     芸能事務所「オスカープロモーション」が、芸能界初となる「宇宙戦略プロジェクト 宇宙事業開発本部」を発足させたことが22日、明らかになった。同社は上戸彩さんや米倉涼子さん、武井咲さん、藤田ニコルさんら多数のタレントや俳優が所属している芸能プロダクション。

    ジャンル: 話題
  • CBCラジオ:自社番組をテキスト化しネット記事に 新サイト「RadiChubu」で掲載

     CBCラジオ(名古屋市中区)の升家誠司社長は21日、同市内で会見を開き、自社制作番組を放送後にテキスト化した記事を掲載する番組情報サイト「RadiChubu(ラジチューブ)」を31日にスタートさせると発表した。出演者のトークなど、番組の内容を、放送後2日ほどで1500文字程度の記事にし、掲載する。記事は無料で閲覧できる。4月下旬以降、外部のニュースサイトにも記事を配信する予定で、新サイトでの広告収入も視野に入れている。

    ジャンル: サービス
  • 流通科学大学:“なりたい自分”を発見する「夢の種プロジェクト」その狙い<PR>

     流通科学大学(神戸市西区)は「“なりたい自分”を発見する」を合言葉に、社会と関わりながら社会に求められる人材育成を進めようと「夢の種プロジェクト」を展開している。大ヒット番組を手がけるテレビマンらが参加する講義やテレビ番組制作などのユニークな取り組みを続けている。同プロジェクトの歩みと狙いを探った。

    ジャンル: イベント
  • MBSハッカソン:漫才VR「ツッコミの祭点」が最優秀賞 お笑い芸人らが発案

     毎日放送はこのほど、最新のIT技術を使って番組やイベントを面白くする企画を考える大会「MBSハッカソン」を開き、お笑いコンビ「ラフ次元」の空道太郎さんらのチーム「漫才VR」の「ツッコミの祭点」が最優秀賞を受賞した。

    ジャンル: イベント
  • 流通科学大学:名探偵コナンの諏訪Pらアニメの裏側語る 泡パーティーも 夢の種まつり

     流通科学大学(神戸市西区)は25日、アニメ「名探偵コナン」のプロデューサーらの公開講義や大量の泡を降らせてストレス発散になると話題の「泡パーティー」などがあるイベント「りゅうか夢の種まつり」を図書館前ステージなどで開く。「〝なりたい自分〟を発見する」をテーマにした「夢の種プロジェクト」の一環で、入場無料。

    ジャンル: イベント
  • 睡眠カフェ:店内のベッドで“快眠”可能 原宿に期間限定オープン

     店内に設置されたベッドで睡眠が取れる期間限定のカフェが16日、「ネスカフェ 原宿」(東京都渋谷区)にオープンした。店内には、電動リクライニングベッドやマットレス計10台が並び、それぞれにリラックス効果が得られるという“安眠ミュージック”が聴けるヘッドホンを設置。睡眠前にはくつろいでもらうため、カフェインレスコーヒーの提供も行う。26日まで営業。

    ジャンル: イベント スポット
  • ラーメン女子博:全国の有名店が集結 “イケ麺”がサービスも

     女性に特化したラーメンイベント「ラーメン女子博’17ーRamen girls Festivalー」が、横浜赤レンガ倉庫イベント広場(横浜市中区)で16日、開幕した。全国から選ばれた12の店舗がラーメン女子博のために用意したメニューやトッピングを提供する。20日まで。

    ジャンル: イベント
  • ザ・リーダー:コシノヒロコの生き方に迫る 3姉妹の秘話も

     経済界を引っ張る経営者にMBSの高井美紀アナウンサーがインタビューし、その人間像を描き出すドキュメンタリー番組「ザ・リーダー」(MBS、関西ローカル)が12日午前5時から放送される。今回は世界的なファッションデザイナーで80歳を超えた今も精力的に創作活動を続けているコシノヒロコさんの生き方に迫る。

    ジャンル: 話題
  • ヤフー:「3.11」検索で復興支援 長渕剛、ウルトラマンのチャリティーオークションも

     ヤフーは11日、東日本大震災の復興支援として「3.11」と検索した人数当たり10円を復興支援関連団体に寄付する「Search for 3.11 検索は応援になる。」を実施。チャリティーオークションや募金などのチャリティーアクションと、震災復興を報告する記事や大震災シミュレーションなど防災・減災について考えるテンツをまとめた特集「3.11 応援企画」を展開している。さらに、大震災で最大の高さ16.7メートルの津波を実感できる広告を東京・銀座のソニービルに掲載している。

    ジャンル: サービス スマホ
  • DMM.com:今春からアニメ事業参入 年20タイトル目指す

     インターネットサービスのDMM.comは10日、アニメーションレーベル「DMM pictures」を設立し、今春からアニメーション事業に参入することを明らかにした。ライセンスビジネスや制作委員会への参画を行う。同社の看板ゲーム「艦隊これくしょん-艦これ-」や「刀剣乱舞」のような人気コンテンツ、世界に通用するコンテンツを生み出すのが狙い。扱うアニメのタイトル数について同社は「今年は10タイトル弱を扱う予定。数年かけて、最大年20作品程度を扱えるようになれば」と話している。

    ジャンル: サービス
BizBuz アーカイブ

震災支援特集

スマホ特集

ウィークリーニュースONZE×BizBuz