ジャンル :  スポット
文字サイズ変更

MARK IS みなとみらい:高さ8mのクリスマスツリー登場 ベイスターズ後藤G武敏選手が点灯式に

「MARK IS みなとみらい」のクリスマスツリー「MARK IS Bright Christmas Tree」の点灯式の様子

 横浜・みなとみらいにある商業施設「MARK IS みなとみらい」(横浜市西区)のクリスマスイベント「MARK IS Happy Blue Christmas」が10日、始まった。約3800球の電飾を施した高さ約8メートルのクリスマスツリー「MARK IS Bright Christmas Tree」が館内に設置され、自宅の飾り付けに使えるクリスマスアイテムを作るワークショップやクリスマスらしい賞品が当たる抽選会、コンサートなどの催しを開催する。12月25日まで。

 さらに、イベントの一環として、同施設と横浜美術館(横浜市西区)の間に位置するグランモール公園のけやき並木をブルー、シャンパンゴールド、ホワイトの3種類のイルミネーションで彩る「グランモール公園 Bright Illumination」も実施。電球数は約20万球でみなとみらいエリア最大級のイルミネーションという。同イルミネーションの実施期間は2017年1月29日まで。

 イベントに先駆け、9日、MARK IS Bright Christmas Treeの点灯式が行われ、同施設の羽渕徹館長や地元・横浜DeNAベイスターズの後藤G武敏選手らが出席した。点灯式を振り返った後藤選手は「クリスマスツリーがとても奇麗で驚いた。娘にクリスマスツリーを点灯したことを自慢して、写真を撮りにまた来館したい」と語っていた。

写真特集 全6枚

もっと見たい方は写真をクリック!

最新ニュース

BizBuz アーカイブ
BizBuz アーカイブ

震災支援特集

スマホ特集

BizBuz動画