ジャンル :  スポット
文字サイズ変更

調布駅:新商業施設にビックカメラ出店 “映画のまち”にちなみシネコンも 17年秋開業

京王線調布駅周辺で開発を進めている商業施設の全体イメージ図

 京王電鉄はこのほど、2017年秋の開業に向け京王線調布駅周辺で開発を進めている商業施設に、家電量販店「ビックカメラ」が出店することで合意したと発表した。ビックカメラとしては、赤坂見附店に次いで約4年ぶりの都内新規出店となる。同時期にオープンを予定している。

 同商業施設は、A、B、Cの3館からなり、延べ床面積は約3万8000平方メートルで開業予定。ビックカメラは地上4階建てのB館に出店予定で、店舗名は「ビックカメラ調布駅店(仮称)」。核テナントとして、1~4階に入る予定。

 また、C館には「映画のまち 調布」にちなみ、イオンエンターテイメントが運営するシネマコンプレックスが核テナントとして出店する予定で、A館には、ファッションや雑貨、カフェ、レストランなどの専門店を誘致しているという。3館の出店店舗数は約70店舗を予定している。

写真特集 全4枚

もっと見たい方は写真をクリック!

最新ニュース

BizBuz アーカイブ
BizBuz アーカイブ

震災支援特集

スマホ特集

BizBuz動画