ジャンル :  イベント スポット
文字サイズ変更

横浜ランドマークタワー:「くるみ割り人形」の世界が“180度”プロジェクションマッピングに

横浜ランドマークタワーのドックヤードガーデンで行われるプロジェクションマッピングイベント「くるみ割り人形とめぐる夢の物語」のイメージ画像

 クリスマスのバレエ組曲として人気の「くるみ割り人形」の物語をモチーフにした映像をプロジェクションマッピングで楽しめるクリスマス期間限定のイベント「くるみ割り人形とめぐる夢の物語」が11月10日から、横浜ランドマークタワー(横浜市西区)のドックヤードガーデンで始まる。12月25日まで。

 同所では今年、「くるみ割り人形」をテーマしたクリスマスプロモーション「Landmark Bright Christmas 2016 ~くるみ割り人形とめぐる夢の物語~」を展開。同イベントはその一環で、国重要文化財のドックヤードガーデンの石壁に沿って映像を投影する「180度体感型プロジェクションマッピング」の最新作。180度体感型プロジェクションマッピングとは、かつて造船所のドックだったドックヤードガーデンの独特の形状を生かし、高さ約10メートル、横幅約29メートルの船型の石壁に沿って映像を投影することにより、その世界に入り込んだような感覚が味わえるというもので、13年から行われている。

 今回はミュージックビデオやテレビCMの分野で活躍する牧野惇さんが監修した映像を投影。クリスマスイブの夜に繰り広げられる主人公のクララとくるみ割り人形の不思議な冒険の世界が、大迫力のプロジェクションマッピングで楽しめる。期間中、午後6時半から1日5回上映。

 同所のほか、東京・丸の内エリアでも11月10日〜12月25日、「くるみ割り人形」をテーマにしたクリスマスプロモーションを実施。メイン会場の丸ビル(東京都千代田区)では、1階のマルキューブの上方のガラス面を巨大スクリーンに見立てた「丸ビルクリスマスシアター」が登場。同作品のストーリーをモチーフにした映像がプロジェクションマッピングで楽しめる。

写真特集 全4枚

もっと見たい方は写真をクリック!

最新ニュース

BizBuz アーカイブ
BizBuz アーカイブ

震災支援特集

スマホ特集

BizBuz動画