ジャンル :  イベント 話題
文字サイズ変更

魅力溢れる香川:「日本一小さくて、暮らしやすい県」<PR>

佐藤崇裕さん 三木町在住(2015年移住) 1980年高松市生まれ。東京の大学を卒業後、スポーツメーカーに就職。30歳で地域活性化事業に取り組む会社に転職。2015年にUターンした後、香川県の新たな移住支援制度を受け、2016年1月に「株式会社四国遍路」を設立。情報などを提供するユニークな事業を展開している。

 都市の持つ利便性と豊かな自然が調和する香川県は“全国で一番小さな県”でありながら、移住先として多くの方々に選ばれています。その魅力や移住者に対するサポートについて、昨年同県にUターン移住した佐藤崇裕さんに聞きました。

 ◇地域の可能性を再発見 お遍路でアイデア探しへ

僕は東京の大学を卒業した後、都内のスポーツメーカーに就職し、それなりに充実した日々を送っていました。しかし「いつかは起業したい」という思いを持っていたため、起業や経営について学ぶべく、30歳を前に地域活性化事業に取り組む会社に転職。その会社の仕事で全国各地をめぐるうちに「これからは地域に根ざした仕事にニーズが集まるはずだ」と実感したのです。4年後にその会社を退職した後、四国八十八カ所霊場を自分の脚で歩いて巡りながら、生まれ育った地元を見直し、地域ビジネスのアイデアを探すことにしました。

 ◇香川県の支援制度が 移住者の起業を後押し

 僕が立ち上げた「株式会社四国遍路」は、お遍路さんを中心とするターゲットに宿の予約システムなどを提供する、四国に特化した旅行会社です。起業にあたっては「かがわ産業支援財団」内の「香川県よろず支援拠点」を訪ねましたが、親身に相談に乗ってくれた上、その後もまめに情報提供やセミナーなどの案内をしてくれます。一番ありがたかったのは「香川県移住者起業支援補助金制度」について紹介してくれたこと。これは県が平成27年度に始めた、移住促進と地域の活性化を目指す制度。この制度に僕の事業計画が採択されたおかげで、スムーズに事業を立ち上げることができました。

 ◇四国各地へアクセス良好 温かい人々との「ご縁」も魅力

 四国は交通網が充実しているため、クルマで2、3時間も走れば愛媛や高知など、他県に出かけることができます。日常の足は自転車。香川県は街がコンパクトで坂道がほとんどありませんから、とても便利ですよ。
今年3月には「四国宿泊予約サイト お遍路さん家」を立ち上げることができました。サイトの制作をお願いしたプログラマーやウエブデザイナーは、香川に帰ってきてから知り合った人ばかり。僕は人付き合いが得意なタイプではありませんが、誰かに「こんな情報を盛り込みたい」「こんな企画はどうだろう」と相談すると、その人がまた人を紹介してくれるんです。「ご縁」を大切にする香川の良さを、しみじみ感じています。

 ◇「日本一小さい」香川で暮らす6つの理由

 ◆都会的な便利さと自然が マッチして買い物も便利

 香川県は、コンパクトな中に都市の持つ利便性と豊かな自然が調和した大変住みやすい生活環境を有しています。また、大型小売店や飲食店も数多くあり、生活しやすい環境が整っています。

 ◆住まいが広くて災害が少なく のびのび暮らせる

 持ち家比率が高く、首都圏と比べ家賃も安い香川。特に、郊外や島嶼部に行けば、一軒家の貸家もあります。四国の中でも瀬戸内側に位置するため、気候が温暖で災害が少ないことも人気の秘密です。

 ◆瀬戸内海に面してアートや 文化が豊かで子育てしやすい

 3年に1度開催される「瀬戸内国際芸術祭」は国際的にも注目されています。香川は、国内外で活躍する優秀な人材を数多く輩出する「教育県」でもあります。また、育児等に関する相談や、情報交換できる「子育てひろば」も多く設置されています。

 ◆うどんはもちろん新鮮な 野菜や魚が安くて美味しい

 漁場や農産地が近く、地産地消が根付いているため、新鮮な魚介類や野菜、果物が安く手に入りやすい。物価も安く、預貯金残高が全国2位であることも、生活しやすさを物語っています。

 ◆医療や福祉が充実している 仕事が見つけやすい

 救急病院数も全国上位にあり、ICTを活用した遠隔医療ネットワークが稼動していることなどから、高水準の医療が受けられます。有効求人倍率も高く、働く環境としても魅力的です。

 ◆交通の拠点で道路が整備され あちこち行きやすい

 本州とは瀬戸大橋で結ばれ、JR・快速電車なら岡山へ約60分、ほぼ30分に1本のダイヤです。関西や関東、広島・九州へも新幹線で。関西方面へは、高速バス便も数多く、たいへん便利です。

 ◇〈香川県の魅力をもっと詳しく〉

 ○四国暮らしフェアin東京2016(佐藤さんご本人が来場!)

 佐藤さんの移住体験談を生で聞くことができるチャンス! このほか、県内市町の相談ブースや就職・就農相談コーナーもあります。日時:10月30日(日)10:30~16:30

 場所:東京交通会館12階カトレアサロンA 東京都千代田区有楽町2-10-1

 ○かがわ暮らし体験ツアー
 
 うどん打ち体験や、医療施設・重要文化財施設を巡るとともに、空き家を見学するツアーです。 先輩移住者との交流もありますので、ぜひご参加ください。

 日時:11月19日(土)10:30集合 20日(日)15:15解散予定
 場所:県の中央部(中讃地域)をバスで巡ります。※まんのう町、丸亀市、善通寺市、宇多津町
 
○香川 暮らし&仕事発見フェア

 香川への移住や転職を考えている方、田舎暮らしに興味がある方、どなたでもご参加いただけます。先輩移住者のトークショーやスタンプラリーで県産品のプレゼントというお楽しみ企画も。

 日時:11月23日(水・祝)11:00~16:00
 場所:東京スカイツリータウン®東京ソラマチ®スペース634
    東京都墨田区押上1丁目1番2号 東京スカイツリータウン・ソラマチ5階

 お問い合わせ 香川県政策部地域活力推進課 TEL:087-832-3125

提供=香川県

写真特集 全7枚

もっと見たい方は写真をクリック!

最新ニュース

BizBuz アーカイブ
  • オスカー:上戸彩、米倉涼子らの所属事務所が芸能界初の「宇宙事業開発本部」発足

     芸能事務所「オスカープロモーション」が、芸能界初となる「宇宙戦略プロジェクト 宇宙事業開発本部」を発足させたことが22日、明らかになった。同社は上戸彩さんや米倉涼子さん、武井咲さん、藤田ニコルさんら多数のタレントや俳優が所属している芸能プロダクション。

    ジャンル: 話題
  • CBCラジオ:自社番組をテキスト化しネット記事に 新サイト「RadiChubu」で掲載

     CBCラジオ(名古屋市中区)の升家誠司社長は21日、同市内で会見を開き、自社制作番組を放送後にテキスト化した記事を掲載する番組情報サイト「RadiChubu(ラジチューブ)」を31日にスタートさせると発表した。出演者のトークなど、番組の内容を、放送後2日ほどで1500文字程度の記事にし、掲載する。記事は無料で閲覧できる。4月下旬以降、外部のニュースサイトにも記事を配信する予定で、新サイトでの広告収入も視野に入れている。

    ジャンル: サービス
  • 流通科学大学:“なりたい自分”を発見する「夢の種プロジェクト」その狙い<PR>

     流通科学大学(神戸市西区)は「“なりたい自分”を発見する」を合言葉に、社会と関わりながら社会に求められる人材育成を進めようと「夢の種プロジェクト」を展開している。大ヒット番組を手がけるテレビマンらが参加する講義やテレビ番組制作などのユニークな取り組みを続けている。同プロジェクトの歩みと狙いを探った。

    ジャンル: イベント
  • MBSハッカソン:漫才VR「ツッコミの祭点」が最優秀賞 お笑い芸人らが発案

     毎日放送はこのほど、最新のIT技術を使って番組やイベントを面白くする企画を考える大会「MBSハッカソン」を開き、お笑いコンビ「ラフ次元」の空道太郎さんらのチーム「漫才VR」の「ツッコミの祭点」が最優秀賞を受賞した。

    ジャンル: イベント
  • 流通科学大学:名探偵コナンの諏訪Pらアニメの裏側語る 泡パーティーも 夢の種まつり

     流通科学大学(神戸市西区)は25日、アニメ「名探偵コナン」のプロデューサーらの公開講義や大量の泡を降らせてストレス発散になると話題の「泡パーティー」などがあるイベント「りゅうか夢の種まつり」を図書館前ステージなどで開く。「〝なりたい自分〟を発見する」をテーマにした「夢の種プロジェクト」の一環で、入場無料。

    ジャンル: イベント
  • 睡眠カフェ:店内のベッドで“快眠”可能 原宿に期間限定オープン

     店内に設置されたベッドで睡眠が取れる期間限定のカフェが16日、「ネスカフェ 原宿」(東京都渋谷区)にオープンした。店内には、電動リクライニングベッドやマットレス計10台が並び、それぞれにリラックス効果が得られるという“安眠ミュージック”が聴けるヘッドホンを設置。睡眠前にはくつろいでもらうため、カフェインレスコーヒーの提供も行う。26日まで営業。

    ジャンル: イベント スポット
  • ラーメン女子博:全国の有名店が集結 “イケ麺”がサービスも

     女性に特化したラーメンイベント「ラーメン女子博’17ーRamen girls Festivalー」が、横浜赤レンガ倉庫イベント広場(横浜市中区)で16日、開幕した。全国から選ばれた12の店舗がラーメン女子博のために用意したメニューやトッピングを提供する。20日まで。

    ジャンル: イベント
  • ザ・リーダー:コシノヒロコの生き方に迫る 3姉妹の秘話も

     経済界を引っ張る経営者にMBSの高井美紀アナウンサーがインタビューし、その人間像を描き出すドキュメンタリー番組「ザ・リーダー」(MBS、関西ローカル)が12日午前5時から放送される。今回は世界的なファッションデザイナーで80歳を超えた今も精力的に創作活動を続けているコシノヒロコさんの生き方に迫る。

    ジャンル: 話題
  • ヤフー:「3.11」検索で復興支援 長渕剛、ウルトラマンのチャリティーオークションも

     ヤフーは11日、東日本大震災の復興支援として「3.11」と検索した人数当たり10円を復興支援関連団体に寄付する「Search for 3.11 検索は応援になる。」を実施。チャリティーオークションや募金などのチャリティーアクションと、震災復興を報告する記事や大震災シミュレーションなど防災・減災について考えるテンツをまとめた特集「3.11 応援企画」を展開している。さらに、大震災で最大の高さ16.7メートルの津波を実感できる広告を東京・銀座のソニービルに掲載している。

    ジャンル: サービス スマホ
  • DMM.com:今春からアニメ事業参入 年20タイトル目指す

     インターネットサービスのDMM.comは10日、アニメーションレーベル「DMM pictures」を設立し、今春からアニメーション事業に参入することを明らかにした。ライセンスビジネスや制作委員会への参画を行う。同社の看板ゲーム「艦隊これくしょん-艦これ-」や「刀剣乱舞」のような人気コンテンツ、世界に通用するコンテンツを生み出すのが狙い。扱うアニメのタイトル数について同社は「今年は10タイトル弱を扱う予定。数年かけて、最大年20作品程度を扱えるようになれば」と話している。

    ジャンル: サービス
BizBuz アーカイブ

震災支援特集

スマホ特集

ウィークリーニュースONZE×BizBuz