ジャンル :  サービス 話題
文字サイズ変更

セコム:ドローンを使って防犯 11日からサービス開始

侵入監視に使うドローンを披露するセコムの伊藤博社長

 セコムは10日、小型無人機「ドローン」を使用した侵入監視サービスの提供を11日から開始すると発表した。侵入異常発生時にドローンが自動で対象の車や人に上空から接近し、搭載された監視カメラで画像や動画を撮影してコントロールセンターに送信することで、不審車や不審者の追跡、確保につなげる。民間防犯用の自律型ドローンを使った監視サービスは世界初という。

 敷地内に設置したレーザーセンサーが侵入車両や人を検知すると、無線通信によりドローンに位置情報が送信され、それを受け、ドローンが発進。レーザーセンサーが車両か人かを識別し、その情報をドローンに伝え、車両ナンバーや人の顔、身なりなどを撮影する。敷地内の3Dマップやレーザーセンサー、GPSなどの情報を組み合わせることで、ドローンを安全、安定的に自律飛行させることができるという。

 ドローンのサイズは幅57センチ、奥行き57センチ、高さ22.5センチ、重さ2.2キロ(バッテリー含む)。飛行速度は時速10キロ、飛行高度は3~5メートルで、連続飛行時間は約10分。自動充電機能も備える。LEDライトも備え、夜間の撮影にも対応する。利用料は、同社の「オンライン・セキュリティシステム」とレーザーセンサーによる外周監視を導入済みの契約先の場合、月額5000円(以下税抜き)から。ドローンはレンタルとなる。また別途、ドローンポートなどを設置する工事料(80万円~)がかかる。

 ドローンの飛行を規制する改正航空法が10日施行され、同社はこの日朝、国土交通省の承認を取得。11日から同サービスを始める。侵入監視サービスのほか、事前に設定した敷地内の場所をドローンが定期的に確認する巡回サービスも用意する。

 この日、同社は東京都内で記者発表会を開き、実際にドローンを飛行させるデモンストレーションなどを行った。同社の伊藤博社長は「お客様に安心安全のサービスを提供していきたい」とアピールした。

写真特集 全8枚

もっと見たい方は写真をクリック!

最新ニュース

BizBuz アーカイブ
BizBuz アーカイブ

震災支援特集

スマホ特集

ウィークリーニュースONZE×BizBuz