ジャンル :  サービス 話題
文字サイズ変更

セコム:ドローンを使って防犯 11日からサービス開始

侵入監視に使うドローンを披露するセコムの伊藤博社長

 セコムは10日、小型無人機「ドローン」を使用した侵入監視サービスの提供を11日から開始すると発表した。侵入異常発生時にドローンが自動で対象の車や人に上空から接近し、搭載された監視カメラで画像や動画を撮影してコントロールセンターに送信することで、不審車や不審者の追跡、確保につなげる。民間防犯用の自律型ドローンを使った監視サービスは世界初という。

 敷地内に設置したレーザーセンサーが侵入車両や人を検知すると、無線通信によりドローンに位置情報が送信され、それを受け、ドローンが発進。レーザーセンサーが車両か人かを識別し、その情報をドローンに伝え、車両ナンバーや人の顔、身なりなどを撮影する。敷地内の3Dマップやレーザーセンサー、GPSなどの情報を組み合わせることで、ドローンを安全、安定的に自律飛行させることができるという。

 ドローンのサイズは幅57センチ、奥行き57センチ、高さ22.5センチ、重さ2.2キロ(バッテリー含む)。飛行速度は時速10キロ、飛行高度は3~5メートルで、連続飛行時間は約10分。自動充電機能も備える。LEDライトも備え、夜間の撮影にも対応する。利用料は、同社の「オンライン・セキュリティシステム」とレーザーセンサーによる外周監視を導入済みの契約先の場合、月額5000円(以下税抜き)から。ドローンはレンタルとなる。また別途、ドローンポートなどを設置する工事料(80万円~)がかかる。

 ドローンの飛行を規制する改正航空法が10日施行され、同社はこの日朝、国土交通省の承認を取得。11日から同サービスを始める。侵入監視サービスのほか、事前に設定した敷地内の場所をドローンが定期的に確認する巡回サービスも用意する。

 この日、同社は東京都内で記者発表会を開き、実際にドローンを飛行させるデモンストレーションなどを行った。同社の伊藤博社長は「お客様に安心安全のサービスを提供していきたい」とアピールした。

写真特集 全8枚

もっと見たい方は写真をクリック!

最新ニュース

BizBuz アーカイブ
  • 大村市:産業支援センター長に年収1200万円 全国から公募

     長崎県大村市は、中小企業支援の目玉として2017年4月に開設する「(仮称)大村市産業支援センター」のセンター長を年収1200万円の高待遇で募集する。今後約2か月にわたり各種求人広告・サイトへ掲載し、全国から優秀な人材を募る。

    ジャンル: 話題
  • インバウンド消費:売れ筋ベスト5に新食感グミ キットカット抜き菓子類トップに

     カスタマー・コミュニケーションズ(東京都港区)とカーツメディアワークス(東京都渋谷区)が発行した2016年6月の「インバウンド消費 実売動向レポート<ドラッグストア>vol.03」によると、インバウンド消費の売れ筋商品ランキングベスト5にUHA味覚糖のグミ「味覚糖 コロロ グレープ 40g」が初めてランクインした。

    ジャンル: 商品 話題
  • 活況!TOKYOホテル:「星のや東京」は日本旅館海外進出へのステップ 星野リゾート代表に聞く

     7月20日、東京・大手町のオフィス街のど真ん中に“塔の日本旅館”「星のや東京」がオープンした。現在の東京で日本旅館を成功させることは、星野リゾートにとっても、日本のホテル業界にとっても試金石となる。星野佳路代表にその意義を聞いた。【経済界】

    ジャンル: サービス 話題
  • 活況!TOKYOホテル:五輪契機に活発化する高級ホテル開発

     ◇五輪と共に変わる赤坂・虎ノ門エリア

  • (動画付き記事)ダイワコーポレーション:EC市場拡大で拠点サービス ハード、ソフト両面のサービス提供

     経済産業省の電子商取引(EC)に関する市場調査によると、2014年の、BtoC(消費者向け)のEC市場規模は前年比14.6%増の12兆7970億円で、うち物販系は6兆8000億円だった。2020年には20兆円を超えるといわれるなど、ECの市場は拡大し続けている。それを受けて、商品の保管、仕分け、配送などのオペレーションが重要になってくるが、拠点として注目されるのが、倉庫業だ。中でもEC市場拡大に対応し、売り上げを伸ばしているダイワコーポレーションの曽根和光社長に聞いた。

    ジャンル: サービス スマホ 話題
  • ドラゴン:“日本を代表する花火”8年ぶり復刻目指す メーカーがクラウドファンディング

     1949年に発売し2008年に生産中止となった噴出花火「ドラゴン」をクラウドファンディングで復刻させるプロジェクトを太田煙火製造所(愛知県岡崎市柱町)が始めた。花火メーカーがクラウドファンディングで製品を企画するのは、業界初の試みという。

    ジャンル: 話題
  • ピップ:エレキバンに訪日外国人向けパッケージ インバウンド需要に対応

     ピップは、磁気治療器「ピップエレキバン」と「ピップマグネループ」シリーズから訪日外国人向けに桜や富士山をあしらった日本限定パッケージを8月8日から数量限定発売する。

    ジャンル: 商品 話題
  • ZOZOTOWN:年間購入ランキング上位に四国勢

     ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」は、一人当たりの年間購入額を都道府県別に集計したランキングを発表した。それによると、1、2位は首都圏だったが、3~5位を四国勢が占めた。

    ジャンル: リサーチ サービス
  • 浦和レッズ:三菱自の日産傘下入りで注目される人気クラブの行方

     燃費データの改ざんで窮地に陥った三菱自動車を救った日産自動車。三菱自動車が日産の傘下に入ることで、グループ下に横浜Fマリノスと浦和レッズの二つのクラブが存在することになるのだ。Jリーグ屈指の人気チーム、浦和レッズは果たしてどうなるのか。【経済界】

    ジャンル: 話題
  • リーダーシップの新基準:田中角栄にあって現代のリーダーにないもの 元首相秘書官が語る

     戦後70年の節目として、2015年にNHKが「戦後を象徴する人物」に関してアンケート調査を行ったところ、全体の25%を占め断トツの1位だったのが田中角栄元首相だった。第2位の吉田茂元首相が13%、第3位の昭和天皇が8%、第4位のダグラス・マッカーサーと佐藤栄作元首相が3%だったので、いかに田中氏が強烈な印象を残したかが分かる。田中氏の首相在任期間がわずか2年半だったことを考えると、この評価の高さは尋常ではない。独特のダミ声や演説のうまさから豪放磊落(らいらく)なイメージを持たれることもある田中氏だが、素顔は非常に繊細。ワンマンではなく、常に周りの意見を吸い上げながら仕事をしていた。金権政治の象徴とされ、一時は評価が地に落ちた同氏が今再び注目されているのは、現代社会が理想とするリーダー像にマッチする部分が多いからだろう。そんな田中氏に通産相秘書官として1年、首相秘書官として2年半仕え、あの「日本列島改造論」(日刊工業新聞社)の編集にも大きな役割を果たしたのが小長啓一さん。小長さんに、田中角栄のリーダーシップについて話を聞いた。【経済界】

    ジャンル: 話題
BizBuz アーカイブ

震災支援特集

スマホ特集

ウィークリーニュースONZE×BizBuz