ジャンル :  サービス 話題
文字サイズ変更

健康寿命:高齢者にアスリート向けリハビリで成果

「ハビリス」の室内運動スペースでトレーニングする利用者を励ます高島孝之院長(中央)

 厚生労働省によると、日常生活に制限のない期間(健康寿命)が2013年時点で男性が71.19歳、女性が74.21歳と延び続けているが、01年から13年までの健康寿命の延び(男性1.79年、女性1.56年)は、同期間の平均寿命の延び(男性2.14年、女性1.68年)と比べて小さいことが分かった。政府は、高齢者の生活の向上や医療費や介護費の削減を目指し、20年までに健康寿命を1歳延ばすことを目標に掲げている。そんな中、一流アスリートをけがなどから復帰させるリハビリ施設が、高齢者向けにサービスを提供し、成果を上げている。その現場を訪ねた。【猪狩淳一】

 大阪府茨木市の「ジュハイ・フィールド ハビリス さわらぎ鍼灸院」は5月、整形外科医でサッカーJリーグ・ガンバ大阪のチームドクターを務める高島孝之院長が、アスリート向けリハビリ施設として開設した。約10人のスタッフは、身体機能回復のリハビリテーションを行う理学療法士と、スポーツ選手のけがの応急処置やリハビリ、コンディショニングなどを支援する日本体育協会公認のアスレチックトレーナー、鍼灸師といったリハビリの専門資格を持っている。

 200年続いた酒蔵の一部を利用した施設には、元サッカー・イングランド代表のデービッド・ベッカム選手が日韓ワールドカップ(W杯)で骨折の回復のために用いたことで知られる酸素カプセルもある施術室や、最新のトレーニング機器を備えた室内運動スペース、人工芝を敷いた屋外のフィールドを備えている。

 近くで整形外科医院を開設している高島院長が、専門家のサポートをあまり受けられない学生アスリートらのリハビリを目的に開設したものだが、施設に隣接する高齢者向けのデイケア施設の利用者が、アスリートがリハビリしている姿を見て、利用を希望したことをきっかけに、高齢者向けのサービスを始めた。高島院長は「アスリートがけがをした部位に負担をかけずに体の動かす方法と、病気などで機能が低下した高齢者がうまく動くためのコツは同じなんです」という。さらに「高齢者の方が可動域が狭く、無理をするとかえって体を壊してしまう恐れがあり、アスリートよりも指導は難しい」と専門家のサポートの重要性を指摘する。

 同施設を利用する65歳の女性は、約8年前に脚を悪くして好きなテニスができなくなっていたが、トレーニングして数カ月でボールを打ち返せるまでに回復した。「トレーニングで日常生活でも力が出るようになり、歩けなかったのが、1日30分歩けるようになった。テニスをする夢を見るほどだったので、実際にプレーするのが本当に楽しみ」と笑顔を見せた。アスレチックトレーナーの上原和浩さんは「最初は暗い表情をしていた利用者もトレーニングで達成感を得て明るい表情になります」と話した。

 経済産業省の産業活動分析によると、大手フィットネスクラブの会員のうち60歳以上の割合が年々増加しており、利用者の年齢構成比では05年から5年間で、30歳代が24.4%から20.7%と3.1ポイント下がったのに対し、60歳以上が19.1%から24.9%と5.9ポイント上がっている。また、14年の「スポーツクラブ使用料」の1世帯当たりの年間支出金額をみると、世帯主が60歳代の世帯の支出金額が7194 円と最多で、1世帯1人当たりの年間支出金額も2655円で最も多くなっている。

 高島院長は「ハビリス」という施設名を、「リハビリ」の語源ともなったラテン語の「Habil」から生まれた「発達」や「機能の獲得」など意味する「ハビリテーション」から付けたといい、「施設に来たときよりさらによくなるようにと名付けました」と語る。さらに「高齢者のリハビリというと寝起きや食事など最低限の生活ができるまでを目的とするが、社会のために役に立って、自分の趣味ができるようになるのが、これからの高齢化社会に必要なのではないか」と話す。

 2020年代初頭には団塊世代が一斉に後期高齢者に突入し、高齢者の健康は社会の大きな課題となる中、こうした積極的な健康への取り組みが注目されるだろう。

写真特集 全6枚

もっと見たい方は写真をクリック!

最新ニュース

BizBuz アーカイブ
  • オスカー:上戸彩、米倉涼子らの所属事務所が芸能界初の「宇宙事業開発本部」発足

     芸能事務所「オスカープロモーション」が、芸能界初となる「宇宙戦略プロジェクト 宇宙事業開発本部」を発足させたことが22日、明らかになった。同社は上戸彩さんや米倉涼子さん、武井咲さん、藤田ニコルさんら多数のタレントや俳優が所属している芸能プロダクション。

    ジャンル: 話題
  • CBCラジオ:自社番組をテキスト化しネット記事に 新サイト「RadiChubu」で掲載

     CBCラジオ(名古屋市中区)の升家誠司社長は21日、同市内で会見を開き、自社制作番組を放送後にテキスト化した記事を掲載する番組情報サイト「RadiChubu(ラジチューブ)」を31日にスタートさせると発表した。出演者のトークなど、番組の内容を、放送後2日ほどで1500文字程度の記事にし、掲載する。記事は無料で閲覧できる。4月下旬以降、外部のニュースサイトにも記事を配信する予定で、新サイトでの広告収入も視野に入れている。

    ジャンル: サービス
  • 流通科学大学:“なりたい自分”を発見する「夢の種プロジェクト」その狙い<PR>

     流通科学大学(神戸市西区)は「“なりたい自分”を発見する」を合言葉に、社会と関わりながら社会に求められる人材育成を進めようと「夢の種プロジェクト」を展開している。大ヒット番組を手がけるテレビマンらが参加する講義やテレビ番組制作などのユニークな取り組みを続けている。同プロジェクトの歩みと狙いを探った。

    ジャンル: イベント
  • MBSハッカソン:漫才VR「ツッコミの祭点」が最優秀賞 お笑い芸人らが発案

     毎日放送はこのほど、最新のIT技術を使って番組やイベントを面白くする企画を考える大会「MBSハッカソン」を開き、お笑いコンビ「ラフ次元」の空道太郎さんらのチーム「漫才VR」の「ツッコミの祭点」が最優秀賞を受賞した。

    ジャンル: イベント
  • 流通科学大学:名探偵コナンの諏訪Pらアニメの裏側語る 泡パーティーも 夢の種まつり

     流通科学大学(神戸市西区)は25日、アニメ「名探偵コナン」のプロデューサーらの公開講義や大量の泡を降らせてストレス発散になると話題の「泡パーティー」などがあるイベント「りゅうか夢の種まつり」を図書館前ステージなどで開く。「〝なりたい自分〟を発見する」をテーマにした「夢の種プロジェクト」の一環で、入場無料。

    ジャンル: イベント
  • 睡眠カフェ:店内のベッドで“快眠”可能 原宿に期間限定オープン

     店内に設置されたベッドで睡眠が取れる期間限定のカフェが16日、「ネスカフェ 原宿」(東京都渋谷区)にオープンした。店内には、電動リクライニングベッドやマットレス計10台が並び、それぞれにリラックス効果が得られるという“安眠ミュージック”が聴けるヘッドホンを設置。睡眠前にはくつろいでもらうため、カフェインレスコーヒーの提供も行う。26日まで営業。

    ジャンル: イベント スポット
  • ラーメン女子博:全国の有名店が集結 “イケ麺”がサービスも

     女性に特化したラーメンイベント「ラーメン女子博’17ーRamen girls Festivalー」が、横浜赤レンガ倉庫イベント広場(横浜市中区)で16日、開幕した。全国から選ばれた12の店舗がラーメン女子博のために用意したメニューやトッピングを提供する。20日まで。

    ジャンル: イベント
  • ザ・リーダー:コシノヒロコの生き方に迫る 3姉妹の秘話も

     経済界を引っ張る経営者にMBSの高井美紀アナウンサーがインタビューし、その人間像を描き出すドキュメンタリー番組「ザ・リーダー」(MBS、関西ローカル)が12日午前5時から放送される。今回は世界的なファッションデザイナーで80歳を超えた今も精力的に創作活動を続けているコシノヒロコさんの生き方に迫る。

    ジャンル: 話題
  • ヤフー:「3.11」検索で復興支援 長渕剛、ウルトラマンのチャリティーオークションも

     ヤフーは11日、東日本大震災の復興支援として「3.11」と検索した人数当たり10円を復興支援関連団体に寄付する「Search for 3.11 検索は応援になる。」を実施。チャリティーオークションや募金などのチャリティーアクションと、震災復興を報告する記事や大震災シミュレーションなど防災・減災について考えるテンツをまとめた特集「3.11 応援企画」を展開している。さらに、大震災で最大の高さ16.7メートルの津波を実感できる広告を東京・銀座のソニービルに掲載している。

    ジャンル: サービス スマホ
  • DMM.com:今春からアニメ事業参入 年20タイトル目指す

     インターネットサービスのDMM.comは10日、アニメーションレーベル「DMM pictures」を設立し、今春からアニメーション事業に参入することを明らかにした。ライセンスビジネスや制作委員会への参画を行う。同社の看板ゲーム「艦隊これくしょん-艦これ-」や「刀剣乱舞」のような人気コンテンツ、世界に通用するコンテンツを生み出すのが狙い。扱うアニメのタイトル数について同社は「今年は10タイトル弱を扱う予定。数年かけて、最大年20作品程度を扱えるようになれば」と話している。

    ジャンル: サービス
BizBuz アーカイブ

震災支援特集

スマホ特集

ウィークリーニュースONZE×BizBuz