ジャンル :  サービス スマホ
文字サイズ変更

ソフトバンク:体感の高速化を追求 アイフォーン通信品質に自信

ソフトバンク東日本モバイルエリア本部の浅山絵里さん

 米アップルのスマートフォン新モデル「iPhone(アイフォーン)6s」が9月に発売され、国内携帯3社の販売競争が激化する中、ソフトバンクは、速度や安定感といったネットワーク品質の面でアピールを強めている。同社では、理論値の通信速度ではなく、ユーザーが体感する実際の速度「実効速度」に重点を置いた取り組みを展開しているといい、その狙いや成果などについて、同社東日本モバイルエリア本部の浅山絵里さんに話を聞いた。【大類洋輔】

 --現在のソフトバンクのLTEネットワークの状況は。

 LTEエリア拡大と通信の高速化の二つに力を入れていて、エリアについては、現在、LTEの実人口カバー率が99%以上になっており、1年前に比べてLTEエリアは2.2倍に拡大している。これは、2014年から開始したプラチナバンド(周波数900MHz帯)のLTEがカントリーサイド(地方のエリア)で順調に整備されているのが要因。

 また、高速化について、従来、ソフトバンクのLTEネットワークは、FDD-LTE方式(上り、下りの通信を異なる周波数帯で行う方式)の「SoftBank 4G LTE」と、TDD-LTE方式(同一周波数上で、上り、下りを時間で分割して通信する方式)の「SoftBank 4G」の二つの規格で提供しており、これまで、混雑状況に合わせて最適な回線を利用することで、快適な通信を実現する「Hybrid 4G LTE」を提供してきた。昨年9月からは、両方の通信方式でそれぞれ、複数の異なる回線を“束ねる”ことで、安定した通信と速度の向上が可能になる「キャリアアグリゲーション」を提供し、今春からスマートフォンへの対応も開始した。アイフォーン6sも対応している。主要都市などについては、キャリアアグリゲーションが使えるエリアが整備できており、今後も東名阪(東京、名古屋、大阪)を中心に順次全国へ広げていく。

 --ネットワークの提供で重視しているところは。

 重視しているのは「実効速度」。私たちはユーザーがどう感じるかが大事だと思っている。他社では理論値の速度でアピールしているが、通信規格上の最高速度でアピールするのではなく、ユーザーが体感する実際の速度をポイントにネットワークの構築に注力している。

 --実効速度を高めるために、どのような取り組みを。

 通信などに関するビッグデータを日々解析し、トラフィック(通信データ量)が集中し負荷がかかっているところやネットワークに接続できない状態などを検出して、それらの原因を分析し、基地局のチューニングを行っている。また、データ解析だけではわからない場所に関しては、実際に社員が現場に行って測定するなど、集まった問題箇所の中から優先度をつけて、基地局を改善している。もちろん、その後の検証なども実施しており、そのPDCA(Plan:計画、Do:実行、Check:評価、Act:改善)のサイクルを何回も繰り返すことで、LTE通信率やその速度を上げる取り組みを行っている。

 --どのような改善を行っているか。

 すでに設置してある基地局の設定を変えたり、アンテナの角度を変えたり、また、既存の基地局でカバーできないときは新しい基地局を設置することなどを行っている。都市部など、トラフィックが高いところは、「パケ詰まり」が起きやすくなるが、トラフィックを分散して高速通信を実現するため、そのような場所には、積極的にマイクロセル(小出力基地局)の導入を行っている。

 --それら取り組みの成果は。

 マーケティング調査会社のクロス・マーケティングが10月6日に発表した「アイフォーン 6s 高速通信ネットワーク調査」によると、全国6エリア(北海道・東北、関東甲信、中部、近畿、中国・四国、九州・沖縄)の乗降客数上位の駅から選定した300駅で、それぞれ大手携帯キャリアー3社のアイフォーン6sを使ってそれぞれダウンロード速度を計測したところ、平均通信速度は他の2社が7.02Mbps、10.54Mbpsだったのに対し、ソフトバンクは12.18Mbpsと3社の中で最も速かった。この結果は、ビッグデータの解析であぶり出された課題に対し、原因を分析し、地道に基地局のチューニングに取り組んできた成果だと考えている。同じロケーションの中で3社を比べ、このような数字が出たのは私たちにとって励みになる。

 --今後の取り組みは。

 快適に高速通信を利用してもらうため、キャリアアグリゲーションに対応する基地局をさらに拡充していく。また、実効速度を上げていくため、ビッグデータの解析や基地局のチューニングなどを引き続き強化していく。

最新ニュース

BizBuz アーカイブ
  • OMOHARA写真展:70年代の原宿の“風景”ずらり 東急プラザ表参道原宿で開催

     1970年代の東京・原宿の風景やファッションの写真展「OMOHARA写真展 第一弾<70’s 表参道原宿>」が、商業施設「東急プラザ表参道原宿」で開催されている。5月31日まで。

    ジャンル: スポット
  • アディダス:サッカー日本代表の“炎ユニホーム”復刻発売へ

     アディダス ジャパンは27日、FIFAワールドカップ(W杯)本戦初出場を決めた1997年当時のサッカー日本代表のユニホームを“再現”した記念モデル「FIFAワールドカップ初出場決定20周年メモリアルユニフォーム」を5月1日から2万枚限定で発売すると発表した。

    ジャンル: 商品 話題
  • カゴメ:ナポリタンを美少女キャラに擬人化 声優に佳村はるか

     食品メーカー「カゴメ」がナポリタンを美少女キャラクターに擬人化した「ナポリたん」を制作したことが26日、明らかになった。ナポリタンの魅力を広める“ナポリタンの妖精”という設定のキャラクターで、麺や具材風の配色で、衣装にはピーマンや目玉焼きなどのモチーフがデザインされている。「アイドルマスター シンデレラガールズ」の城ヶ崎美嘉役などで知られる佳村はるかさんが声優を務める。

    ジャンル: 話題
  • 東京スカイツリー:タウン内に634匹のこいのぼり泳ぐ GWイベント開催

     東京スカイツリータウン(東京都墨田区)は、ゴールデンウイークイベントの一環として、東京スカイツリーの“ふもと”のスカイアリーナなど同施設内に東京スカイツリーの高さにちなんだ634匹のこいのぼりが泳ぐ「こいのぼりフェスティバル」を5月7日まで開催している。

    ジャンル: スポット
  • SNOW:話題の動画アプリ、ダウンタウンDXとコラボ お笑い芸人が顔交換

     顔認識スタンプなどで人気の動画コミュニケーションアプリ「SNOW」が、20日放送のバラエティー番組「ダウンタウンDXDX」(読売テレビ・日本テレビ系)の2時間スペシャルとコラボし、出演者からのメッセージなどの動画を配信している。ゲスト出演するお笑いコンビ「トレンディエンジェル」の斎藤司さんとお笑いトリオ「ジャングルポケット」の斉藤慎二さんの“ダブルサイトー”が顔交換した映像も公開される。

    ジャンル: スマホ 話題
  • ゼクシィ:10代目CMガールに佐久間由衣 またも朝ドラ女優抜てき

     結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)の10代目CMガールに、NHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」に出演中の佐久間由衣さん(22)が抜てきされたことが20日、明らかになった。9代目CMガールの吉岡里帆さんに続き、2年連続での朝ドラ女優の起用となった。

    ジャンル: 話題
  • 新垣結衣:クリネックスのブランドアンバサダーに

     日本製紙クレシアは18日、ティッシュブランド「クリネックス」をリニューアルすると発表した。それに伴い、新ブランドアンバサダーに女優の新垣結衣さんを起用。21日から新垣さんが出演する新CMを放送する。

    ジャンル: 話題
  • イオンシネマ:「シアタス調布」今秋開業 “都内シネコン最大級”500席超の劇場導入

     「イオンシネマ」を運営するイオンエンターテイメントは、京王線調布駅(東京都調布市)前に大型シネマコンプレックス(シネコン)「イオンシネマ シアタス調布」を今秋開業すると発表した。京王電鉄が同駅周辺で開発を進めている商業施設「トリエ京王調布」内への出店で、A、B、Cの3館からなる同商業施設のC館の中核テナントとしてオープンする。

    ジャンル: スポット
  • ザ・リーダー:H2Oリテイリング鈴木篤社長の生き方に迫る

     経済界を引っ張る経営者にMBSの高井美紀アナウンサーがインタビューし、その人間像を描き出すドキュメンタリー番組「ザ・リーダー」(MBS、関西ローカル)が16日午前5時から放送される。今回は阪急百貨店やイズミヤなどを傘下に抱える関西を代表する流通グループ、エイチ・ツー・オー(H2O) リテイリングの鈴木篤社長の生き方に迫る。

    ジャンル: 話題
  • マクドナルド:リラックマがハッピーセットに初登場

     人気キャラクターの「リラックマ」のおもちゃがセットになったマクドナルドのハッピーセットが、14日から期間限定で販売される。同キャラクターがハッピーセットに登場するのは今回が初めて。

    ジャンル: 商品
BizBuz アーカイブ

震災支援特集

スマホ特集

ウィークリーニュースONZE×BizBuz