ジャンル :  サービス スマホ
文字サイズ変更

ソフトバンク:体感の高速化を追求 アイフォーン通信品質に自信

ソフトバンク東日本モバイルエリア本部の浅山絵里さん

 米アップルのスマートフォン新モデル「iPhone(アイフォーン)6s」が9月に発売され、国内携帯3社の販売競争が激化する中、ソフトバンクは、速度や安定感といったネットワーク品質の面でアピールを強めている。同社では、理論値の通信速度ではなく、ユーザーが体感する実際の速度「実効速度」に重点を置いた取り組みを展開しているといい、その狙いや成果などについて、同社東日本モバイルエリア本部の浅山絵里さんに話を聞いた。【大類洋輔】

 --現在のソフトバンクのLTEネットワークの状況は。

 LTEエリア拡大と通信の高速化の二つに力を入れていて、エリアについては、現在、LTEの実人口カバー率が99%以上になっており、1年前に比べてLTEエリアは2.2倍に拡大している。これは、2014年から開始したプラチナバンド(周波数900MHz帯)のLTEがカントリーサイド(地方のエリア)で順調に整備されているのが要因。

 また、高速化について、従来、ソフトバンクのLTEネットワークは、FDD-LTE方式(上り、下りの通信を異なる周波数帯で行う方式)の「SoftBank 4G LTE」と、TDD-LTE方式(同一周波数上で、上り、下りを時間で分割して通信する方式)の「SoftBank 4G」の二つの規格で提供しており、これまで、混雑状況に合わせて最適な回線を利用することで、快適な通信を実現する「Hybrid 4G LTE」を提供してきた。昨年9月からは、両方の通信方式でそれぞれ、複数の異なる回線を“束ねる”ことで、安定した通信と速度の向上が可能になる「キャリアアグリゲーション」を提供し、今春からスマートフォンへの対応も開始した。アイフォーン6sも対応している。主要都市などについては、キャリアアグリゲーションが使えるエリアが整備できており、今後も東名阪(東京、名古屋、大阪)を中心に順次全国へ広げていく。

 --ネットワークの提供で重視しているところは。

 重視しているのは「実効速度」。私たちはユーザーがどう感じるかが大事だと思っている。他社では理論値の速度でアピールしているが、通信規格上の最高速度でアピールするのではなく、ユーザーが体感する実際の速度をポイントにネットワークの構築に注力している。

 --実効速度を高めるために、どのような取り組みを。

 通信などに関するビッグデータを日々解析し、トラフィック(通信データ量)が集中し負荷がかかっているところやネットワークに接続できない状態などを検出して、それらの原因を分析し、基地局のチューニングを行っている。また、データ解析だけではわからない場所に関しては、実際に社員が現場に行って測定するなど、集まった問題箇所の中から優先度をつけて、基地局を改善している。もちろん、その後の検証なども実施しており、そのPDCA(Plan:計画、Do:実行、Check:評価、Act:改善)のサイクルを何回も繰り返すことで、LTE通信率やその速度を上げる取り組みを行っている。

 --どのような改善を行っているか。

 すでに設置してある基地局の設定を変えたり、アンテナの角度を変えたり、また、既存の基地局でカバーできないときは新しい基地局を設置することなどを行っている。都市部など、トラフィックが高いところは、「パケ詰まり」が起きやすくなるが、トラフィックを分散して高速通信を実現するため、そのような場所には、積極的にマイクロセル(小出力基地局)の導入を行っている。

 --それら取り組みの成果は。

 マーケティング調査会社のクロス・マーケティングが10月6日に発表した「アイフォーン 6s 高速通信ネットワーク調査」によると、全国6エリア(北海道・東北、関東甲信、中部、近畿、中国・四国、九州・沖縄)の乗降客数上位の駅から選定した300駅で、それぞれ大手携帯キャリアー3社のアイフォーン6sを使ってそれぞれダウンロード速度を計測したところ、平均通信速度は他の2社が7.02Mbps、10.54Mbpsだったのに対し、ソフトバンクは12.18Mbpsと3社の中で最も速かった。この結果は、ビッグデータの解析であぶり出された課題に対し、原因を分析し、地道に基地局のチューニングに取り組んできた成果だと考えている。同じロケーションの中で3社を比べ、このような数字が出たのは私たちにとって励みになる。

 --今後の取り組みは。

 快適に高速通信を利用してもらうため、キャリアアグリゲーションに対応する基地局をさらに拡充していく。また、実効速度を上げていくため、ビッグデータの解析や基地局のチューニングなどを引き続き強化していく。

最新ニュース

BizBuz アーカイブ
  • GINZA PLACE:銀座に新商業施設開業 日産&ソニーのショールームも

     東京・銀座に新商業施設「GINZA PLACE(銀座プレイス)」が24日、開業した。銀座4丁目交差点に面した旧「サッポロ銀座ビル」を改築。日本の伝統技法「透かし彫り」をモチーフにした外観で、日産自動車のショールームやソニーの直営店、ショールームなどのほか、飲食店舗、物販店舗などが入っている。

    ジャンル: スポット 話題
  • 電力自由化:笛吹けど踊らず 料金プランの分かりにくさがネックに

     今年4月から電力の小売自由化が始まった。自由化前夜には新規参入組のPRや既存電力との料金比較がメディアをにぎわせていたが、実際に電力会社を切り替えた世帯は今年7月末現在で全体の3%弱。日本の電力ユーザーが笛吹けど踊らないのはなぜなのか。【経済界】

    ジャンル: サービス 話題
  • USJ:大阪城とコラボし戦国ショー

     ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)と大阪城(大阪市中央区)がコラボし、ライブショー「戦国・ザ・リアル at 大坂城」を期間限定で行うことが23日、明らかになった。同日、大阪城西の丸庭園内の特設ステージで行われたセレモニーで発表された。ショーは、ライブショーと大阪城を背景にしたプロジェクションマッピングに花火や音響といった特殊効果を取り入れた“スペクタル・ライブショー”となる。城、プロジェクションマッピング、ライブを融合させたショーは世界初。期間は12月16日~来年3月12日。

    ジャンル: イベント 話題
  • 国土交通省:データベース構築で空き家流通市場は拡大するか

     国土交通省は、全国で約7割の自治体が運営している「空き家バンク」に登録された空き家や空き地の情報について、横断的に閲覧できるデータベースの構築に乗り出す方針を決めた。管理できないまま放置される空き家が全国で増加。防災や防犯、景観面で悪影響を与えかねない実情を踏まえ、空き家の再流通や民間利用の促進を図る。【経済界】

    ジャンル: 話題
  • (動画付き記事)第一興商:カラオケ映像で熊本復興を応援 ローカル“お化け番組”が復興への一歩紹介

     熊本地震発生から5カ月、大きな被害を受けた熊本を応援しようと、カラオケ機「LIVE DAM STADIUM」などを展開する第一興商が、大人気ローカル番組「テレビタミン」(くまもと県民テレビ)と協力し、県出身の歌手・水前寺清子さんの「三百六十五歩のマーチ」のカラオケ映像を制作した。熊本城やイチゴ農園、料理酒メーカーなど大きな被害を受けながら、立ち上がって前へ進もうとする人々の姿を名曲に乗せて紹介する内容。7月下旬から全国で配信され、「涙が止まらなかった」などの反響が寄せられているという。

    ジャンル: 話題
  • ソフトバンク:Massive MIMOを世界初商用化 実効速度が6.7倍に 

     現在の100倍の通信速度で、高精細の動画や大容量のデータ伝送が実現される次世代の移動通信システム「5G」。ソフトバンクは、5Gで見込まれている最新技術などをユーザーに提供していく「5G Project」という新たな取り組みを始め、その第1弾として、基地局のアンテナ数を大幅に増やして混雑時にも安定的な通信を可能にするネットワーク技術「Massive MIMO(マッシブマイモ)」を世界で初めて商用化した。今回の取り組みの経緯や新技術などについて、同社モバイル技術本部の北原秀文・ネットワーク企画統括部長に話を聞いた。

    ジャンル: スマホ
  • ソフトバンク:大容量データ定額プラン「ギガモンスター」提供開始 

     ソフトバンクは、大容量のデータ通信サービス「ギガモンスター」の提供を13日から始めた。

    ジャンル: スマホ
  • (動画付き記事)J-LABO:訪日外国人“おもてなし”の接客に「和ごころ英語」 東京五輪に向け注力

    ジャンル: サービス 話題
  • マイナビ:家庭教師の新サービス 学生とのビジネスに挑戦

     就職情報大手の「マイナビ」は、学生とのネットワークを生かした新サービス「マイナビ家庭教師」を展開、現役大学生講師にこだわったスタイルで、7月には医学部受験に特化したコースも新設した。進学、就職で学生支援を続けてきた同社がなぜ家庭教師ビジネスに進出したか、狙いを聞いた。  同社の就職情報提供サービスには毎年、大学生約80万人が登録しており、就職情報だけでなく、学生支援のサービスなども提供してきた。その中で「学生と共にビジネスを展開したい」と家庭教師サービスのプロジェクトが発足。2015年2月にサービスを開始した。東大、慶応大、早稲田大を中心とした現役大学生講師約1000人が登録している。

    ジャンル: サービス 話題
  • goo:AIが回答する恋愛相談サービス開始 ディープラーニングで人間らしさ学習

     NTTレゾナント(東京都港区)は、ポータルサイト「goo」のQ&Aサービス「教えて!goo」で、人工知能(AI)が恋愛相談に応じるサービスの提供を始めた。ディープラーニング(深層学習)を使って学習し、相談者の気持ちに寄り添った人間らしい回答をするのが特徴で、同社によると、ディープラーニングを使って複数の文を組み合わせ、自然な回答を生成する技術は世界初という。

    ジャンル: サービス 話題
BizBuz アーカイブ

震災支援特集

スマホ特集

ウィークリーニュースONZE×BizBuz