ジャンル :  サービス スマホ
文字サイズ変更

ソフトバンク:体感の高速化を追求 アイフォーン通信品質に自信

ソフトバンク東日本モバイルエリア本部の浅山絵里さん

 米アップルのスマートフォン新モデル「iPhone(アイフォーン)6s」が9月に発売され、国内携帯3社の販売競争が激化する中、ソフトバンクは、速度や安定感といったネットワーク品質の面でアピールを強めている。同社では、理論値の通信速度ではなく、ユーザーが体感する実際の速度「実効速度」に重点を置いた取り組みを展開しているといい、その狙いや成果などについて、同社東日本モバイルエリア本部の浅山絵里さんに話を聞いた。【大類洋輔】

 --現在のソフトバンクのLTEネットワークの状況は。

 LTEエリア拡大と通信の高速化の二つに力を入れていて、エリアについては、現在、LTEの実人口カバー率が99%以上になっており、1年前に比べてLTEエリアは2.2倍に拡大している。これは、2014年から開始したプラチナバンド(周波数900MHz帯)のLTEがカントリーサイド(地方のエリア)で順調に整備されているのが要因。

 また、高速化について、従来、ソフトバンクのLTEネットワークは、FDD-LTE方式(上り、下りの通信を異なる周波数帯で行う方式)の「SoftBank 4G LTE」と、TDD-LTE方式(同一周波数上で、上り、下りを時間で分割して通信する方式)の「SoftBank 4G」の二つの規格で提供しており、これまで、混雑状況に合わせて最適な回線を利用することで、快適な通信を実現する「Hybrid 4G LTE」を提供してきた。昨年9月からは、両方の通信方式でそれぞれ、複数の異なる回線を“束ねる”ことで、安定した通信と速度の向上が可能になる「キャリアアグリゲーション」を提供し、今春からスマートフォンへの対応も開始した。アイフォーン6sも対応している。主要都市などについては、キャリアアグリゲーションが使えるエリアが整備できており、今後も東名阪(東京、名古屋、大阪)を中心に順次全国へ広げていく。

 --ネットワークの提供で重視しているところは。

 重視しているのは「実効速度」。私たちはユーザーがどう感じるかが大事だと思っている。他社では理論値の速度でアピールしているが、通信規格上の最高速度でアピールするのではなく、ユーザーが体感する実際の速度をポイントにネットワークの構築に注力している。

 --実効速度を高めるために、どのような取り組みを。

 通信などに関するビッグデータを日々解析し、トラフィック(通信データ量)が集中し負荷がかかっているところやネットワークに接続できない状態などを検出して、それらの原因を分析し、基地局のチューニングを行っている。また、データ解析だけではわからない場所に関しては、実際に社員が現場に行って測定するなど、集まった問題箇所の中から優先度をつけて、基地局を改善している。もちろん、その後の検証なども実施しており、そのPDCA(Plan:計画、Do:実行、Check:評価、Act:改善)のサイクルを何回も繰り返すことで、LTE通信率やその速度を上げる取り組みを行っている。

 --どのような改善を行っているか。

 すでに設置してある基地局の設定を変えたり、アンテナの角度を変えたり、また、既存の基地局でカバーできないときは新しい基地局を設置することなどを行っている。都市部など、トラフィックが高いところは、「パケ詰まり」が起きやすくなるが、トラフィックを分散して高速通信を実現するため、そのような場所には、積極的にマイクロセル(小出力基地局)の導入を行っている。

 --それら取り組みの成果は。

 マーケティング調査会社のクロス・マーケティングが10月6日に発表した「アイフォーン 6s 高速通信ネットワーク調査」によると、全国6エリア(北海道・東北、関東甲信、中部、近畿、中国・四国、九州・沖縄)の乗降客数上位の駅から選定した300駅で、それぞれ大手携帯キャリアー3社のアイフォーン6sを使ってそれぞれダウンロード速度を計測したところ、平均通信速度は他の2社が7.02Mbps、10.54Mbpsだったのに対し、ソフトバンクは12.18Mbpsと3社の中で最も速かった。この結果は、ビッグデータの解析であぶり出された課題に対し、原因を分析し、地道に基地局のチューニングに取り組んできた成果だと考えている。同じロケーションの中で3社を比べ、このような数字が出たのは私たちにとって励みになる。

 --今後の取り組みは。

 快適に高速通信を利用してもらうため、キャリアアグリゲーションに対応する基地局をさらに拡充していく。また、実効速度を上げていくため、ビッグデータの解析や基地局のチューニングなどを引き続き強化していく。

最新ニュース

BizBuz アーカイブ
  • ザ・リーダー:辰馬本家酒造・辰馬健仁社長 “日本酒ビギナー”創出への秘策とは

     経済界を引っ張る経営者にMBSの高井美紀アナウンサーがインタビューし、その人間像を描き出すドキュメンタリー番組「ザ・リーダー」(MBS、関西ローカル)が15日午前5時から放送される。今回は、「白鹿」ブランドで知られる辰馬本家酒造の辰馬健仁社長を取り上げる。350年以上の歴史を持つ同社の16代目社長に35歳の若さで就任した辰馬社長は、日本酒への思い入れや、“日本酒ビギナー”創出への秘策を明かす。また、辰馬社長の父で15代目社長の章夫さんは、1995年1月に起きた阪神・淡路大震災で約13億円の被害を受けた当時の様子などを語る。

    ジャンル: 話題
  • ポーラ:初のシワ改善薬用化粧品「リンクルショット」発売 開発15年、厚労省が認可

     化粧品メーカー「ポーラ」は1日、シワの改善効果がある初の薬用化粧品「リンクルショット メディカル セラム」を発売した。これまで美白効果のある薬用化粧品はあったが、シワの改善効果で厚生労働省の承認を受けたのは初めて。同社では2017年に100億円の売り上げを目指している。

    ジャンル: 商品
  • ポーラ:「リンクルショット」初のシワ改善薬用化粧品 “女性の悩み”解消へ 開発15年の舞台裏 

     化粧品メーカー「ポーラ」は1月、シワの改善効果がある初の薬用化粧品「リンクルショット メディカル セラム」を発売した。これまで美白効果のある薬用化粧品はあったが、シワの改善効果で厚生労働省の認可を受けたのは初めてで、開発から発売まで15年を費やした“悲願”の達成だった。同社の山口裕絵・商品企画部長に「リンクルショット」の特徴と開発の舞台裏を聞いた。【猪狩淳一】

    ジャンル: 商品
  • コカ・コーラ:福岡県産イチゴ「あまおう」エキス使用 「い・ろ・は・す あまおう」九州限定発売

     コカ・コーラシステムは、ミネラルウオーターブランド「い・ろ・は・す」の新ラインアップとして、日本の天然水に福岡県産のイチゴ「あまおう」のエキスを加えたフレーバーウオーター「い・ろ・は・す あまおう」を2月13日から九州エリア限定で発売すると発表した。

    ジャンル: 商品
  • ザ・リーダー:年末SPで京セラ創業者・稲盛和夫に密着 妻への思いなど貴重な素顔も紹介

     経済界を引っ張る経営者にMBSの高井美紀アナウンサーがインタビューし、その人間像を描き出すドキュメンタリー番組「ザ・リーダー」(MBS、関西ローカル)の年末スペシャル「ザ・リーダー スペシャル」が31日に放送される。今回は、京セラを創業した稲盛和夫さんを取り上げる。京セラ本社で稲盛さんは、高井アナに“京セラの原点”とも言える白い小さな部品を紹介したり、創業当時の熱い思いを語るという。

    ジャンル: 話題
  • いばキラTV:「攻める」茨城県のネット動画に自治体広報も注目

     公職選挙法の改正によって選挙年齢が18歳に引き下げられたことで、自治体は今まで以上に若者を対象とした広報活動が必要となってきた。若者のテレビ、新聞離れが進む今、茨城県が取り組んできたインターネット動画サイト「いばキラTV」が全国の自治体から注目されている。【経済界・井上 博】

    ジャンル: 話題
  • 新規公開株:銘柄選定のポイント 松下健哉・大和証券公開引受部長

     人気を集める新規公開株。一時は新規公開企業が年間20社を下回ることもあったが、最近では100社近くに回復した。この傾向は今後も続くのか。もし続くなら、どのような投資スタンスで臨めばいいのか。大和証券の松下健哉・公開引受部長に語ってもらった。

    ジャンル: 話題
  • チームラボ:光に包まれ体験型音楽フェス 光のバーも登場 大阪・堂島で

     NHK大河ドラマ「花燃ゆ」のタイトルバックなどで知られるデジタルアート集団「チームラボ」(猪子寿之代表)の体験型音楽フェスティバル「ミュージックフェスティバル チームラボジャングル」が24日から、堂島リバーフォーラム(大阪市福島区)で開かれる。2017年1月9日まで。

    ジャンル: イベント 話題
BizBuz アーカイブ

震災支援特集

スマホ特集

ウィークリーニュースONZE×BizBuz