ジャンル :  サービス スマホ
文字サイズ変更

ソフトバンク:体感の高速化を追求 アイフォーン通信品質に自信

ソフトバンク東日本モバイルエリア本部の浅山絵里さん

 米アップルのスマートフォン新モデル「iPhone(アイフォーン)6s」が9月に発売され、国内携帯3社の販売競争が激化する中、ソフトバンクは、速度や安定感といったネットワーク品質の面でアピールを強めている。同社では、理論値の通信速度ではなく、ユーザーが体感する実際の速度「実効速度」に重点を置いた取り組みを展開しているといい、その狙いや成果などについて、同社東日本モバイルエリア本部の浅山絵里さんに話を聞いた。【大類洋輔】

 --現在のソフトバンクのLTEネットワークの状況は。

 LTEエリア拡大と通信の高速化の二つに力を入れていて、エリアについては、現在、LTEの実人口カバー率が99%以上になっており、1年前に比べてLTEエリアは2.2倍に拡大している。これは、2014年から開始したプラチナバンド(周波数900MHz帯)のLTEがカントリーサイド(地方のエリア)で順調に整備されているのが要因。

 また、高速化について、従来、ソフトバンクのLTEネットワークは、FDD-LTE方式(上り、下りの通信を異なる周波数帯で行う方式)の「SoftBank 4G LTE」と、TDD-LTE方式(同一周波数上で、上り、下りを時間で分割して通信する方式)の「SoftBank 4G」の二つの規格で提供しており、これまで、混雑状況に合わせて最適な回線を利用することで、快適な通信を実現する「Hybrid 4G LTE」を提供してきた。昨年9月からは、両方の通信方式でそれぞれ、複数の異なる回線を“束ねる”ことで、安定した通信と速度の向上が可能になる「キャリアアグリゲーション」を提供し、今春からスマートフォンへの対応も開始した。アイフォーン6sも対応している。主要都市などについては、キャリアアグリゲーションが使えるエリアが整備できており、今後も東名阪(東京、名古屋、大阪)を中心に順次全国へ広げていく。

 --ネットワークの提供で重視しているところは。

 重視しているのは「実効速度」。私たちはユーザーがどう感じるかが大事だと思っている。他社では理論値の速度でアピールしているが、通信規格上の最高速度でアピールするのではなく、ユーザーが体感する実際の速度をポイントにネットワークの構築に注力している。

 --実効速度を高めるために、どのような取り組みを。

 通信などに関するビッグデータを日々解析し、トラフィック(通信データ量)が集中し負荷がかかっているところやネットワークに接続できない状態などを検出して、それらの原因を分析し、基地局のチューニングを行っている。また、データ解析だけではわからない場所に関しては、実際に社員が現場に行って測定するなど、集まった問題箇所の中から優先度をつけて、基地局を改善している。もちろん、その後の検証なども実施しており、そのPDCA(Plan:計画、Do:実行、Check:評価、Act:改善)のサイクルを何回も繰り返すことで、LTE通信率やその速度を上げる取り組みを行っている。

 --どのような改善を行っているか。

 すでに設置してある基地局の設定を変えたり、アンテナの角度を変えたり、また、既存の基地局でカバーできないときは新しい基地局を設置することなどを行っている。都市部など、トラフィックが高いところは、「パケ詰まり」が起きやすくなるが、トラフィックを分散して高速通信を実現するため、そのような場所には、積極的にマイクロセル(小出力基地局)の導入を行っている。

 --それら取り組みの成果は。

 マーケティング調査会社のクロス・マーケティングが10月6日に発表した「アイフォーン 6s 高速通信ネットワーク調査」によると、全国6エリア(北海道・東北、関東甲信、中部、近畿、中国・四国、九州・沖縄)の乗降客数上位の駅から選定した300駅で、それぞれ大手携帯キャリアー3社のアイフォーン6sを使ってそれぞれダウンロード速度を計測したところ、平均通信速度は他の2社が7.02Mbps、10.54Mbpsだったのに対し、ソフトバンクは12.18Mbpsと3社の中で最も速かった。この結果は、ビッグデータの解析であぶり出された課題に対し、原因を分析し、地道に基地局のチューニングに取り組んできた成果だと考えている。同じロケーションの中で3社を比べ、このような数字が出たのは私たちにとって励みになる。

 --今後の取り組みは。

 快適に高速通信を利用してもらうため、キャリアアグリゲーションに対応する基地局をさらに拡充していく。また、実効速度を上げていくため、ビッグデータの解析や基地局のチューニングなどを引き続き強化していく。

最新ニュース

BizBuz アーカイブ
  • オスカー:上戸彩、米倉涼子らの所属事務所が芸能界初の「宇宙事業開発本部」発足

     芸能事務所「オスカープロモーション」が、芸能界初となる「宇宙戦略プロジェクト 宇宙事業開発本部」を発足させたことが22日、明らかになった。同社は上戸彩さんや米倉涼子さん、武井咲さん、藤田ニコルさんら多数のタレントや俳優が所属している芸能プロダクション。

    ジャンル: 話題
  • CBCラジオ:自社番組をテキスト化しネット記事に 新サイト「RadiChubu」で掲載

     CBCラジオ(名古屋市中区)の升家誠司社長は21日、同市内で会見を開き、自社制作番組を放送後にテキスト化した記事を掲載する番組情報サイト「RadiChubu(ラジチューブ)」を31日にスタートさせると発表した。出演者のトークなど、番組の内容を、放送後2日ほどで1500文字程度の記事にし、掲載する。記事は無料で閲覧できる。4月下旬以降、外部のニュースサイトにも記事を配信する予定で、新サイトでの広告収入も視野に入れている。

    ジャンル: サービス
  • 流通科学大学:“なりたい自分”を発見する「夢の種プロジェクト」その狙い<PR>

     流通科学大学(神戸市西区)は「“なりたい自分”を発見する」を合言葉に、社会と関わりながら社会に求められる人材育成を進めようと「夢の種プロジェクト」を展開している。大ヒット番組を手がけるテレビマンらが参加する講義やテレビ番組制作などのユニークな取り組みを続けている。同プロジェクトの歩みと狙いを探った。

    ジャンル: イベント
  • MBSハッカソン:漫才VR「ツッコミの祭点」が最優秀賞 お笑い芸人らが発案

     毎日放送はこのほど、最新のIT技術を使って番組やイベントを面白くする企画を考える大会「MBSハッカソン」を開き、お笑いコンビ「ラフ次元」の空道太郎さんらのチーム「漫才VR」の「ツッコミの祭点」が最優秀賞を受賞した。

    ジャンル: イベント
  • 流通科学大学:名探偵コナンの諏訪Pらアニメの裏側語る 泡パーティーも 夢の種まつり

     流通科学大学(神戸市西区)は25日、アニメ「名探偵コナン」のプロデューサーらの公開講義や大量の泡を降らせてストレス発散になると話題の「泡パーティー」などがあるイベント「りゅうか夢の種まつり」を図書館前ステージなどで開く。「〝なりたい自分〟を発見する」をテーマにした「夢の種プロジェクト」の一環で、入場無料。

    ジャンル: イベント
  • 睡眠カフェ:店内のベッドで“快眠”可能 原宿に期間限定オープン

     店内に設置されたベッドで睡眠が取れる期間限定のカフェが16日、「ネスカフェ 原宿」(東京都渋谷区)にオープンした。店内には、電動リクライニングベッドやマットレス計10台が並び、それぞれにリラックス効果が得られるという“安眠ミュージック”が聴けるヘッドホンを設置。睡眠前にはくつろいでもらうため、カフェインレスコーヒーの提供も行う。26日まで営業。

    ジャンル: イベント スポット
  • ラーメン女子博:全国の有名店が集結 “イケ麺”がサービスも

     女性に特化したラーメンイベント「ラーメン女子博’17ーRamen girls Festivalー」が、横浜赤レンガ倉庫イベント広場(横浜市中区)で16日、開幕した。全国から選ばれた12の店舗がラーメン女子博のために用意したメニューやトッピングを提供する。20日まで。

    ジャンル: イベント
  • ザ・リーダー:コシノヒロコの生き方に迫る 3姉妹の秘話も

     経済界を引っ張る経営者にMBSの高井美紀アナウンサーがインタビューし、その人間像を描き出すドキュメンタリー番組「ザ・リーダー」(MBS、関西ローカル)が12日午前5時から放送される。今回は世界的なファッションデザイナーで80歳を超えた今も精力的に創作活動を続けているコシノヒロコさんの生き方に迫る。

    ジャンル: 話題
  • ヤフー:「3.11」検索で復興支援 長渕剛、ウルトラマンのチャリティーオークションも

     ヤフーは11日、東日本大震災の復興支援として「3.11」と検索した人数当たり10円を復興支援関連団体に寄付する「Search for 3.11 検索は応援になる。」を実施。チャリティーオークションや募金などのチャリティーアクションと、震災復興を報告する記事や大震災シミュレーションなど防災・減災について考えるテンツをまとめた特集「3.11 応援企画」を展開している。さらに、大震災で最大の高さ16.7メートルの津波を実感できる広告を東京・銀座のソニービルに掲載している。

    ジャンル: サービス スマホ
  • DMM.com:今春からアニメ事業参入 年20タイトル目指す

     インターネットサービスのDMM.comは10日、アニメーションレーベル「DMM pictures」を設立し、今春からアニメーション事業に参入することを明らかにした。ライセンスビジネスや制作委員会への参画を行う。同社の看板ゲーム「艦隊これくしょん-艦これ-」や「刀剣乱舞」のような人気コンテンツ、世界に通用するコンテンツを生み出すのが狙い。扱うアニメのタイトル数について同社は「今年は10タイトル弱を扱う予定。数年かけて、最大年20作品程度を扱えるようになれば」と話している。

    ジャンル: サービス
BizBuz アーカイブ

震災支援特集

スマホ特集

ウィークリーニュースONZE×BizBuz