ジャンル :  低炭素 話題
文字サイズ変更

地熱発電:FIT見直しで注目 効率発電でエネルギーの“地産地消”なるか

注目される地熱発電のプラント

 太陽光などで発電した電気の買い取りを電力会社に義務づけた再生可能エネルギー固定価格買い取り制度(FIT)で、今年1月の見直しにより、電力会社による太陽光と風力の買い取りが無制限に抑制できるようになり、7月からは太陽光発電の買い取り価格も大幅に引き下げられた。そんな中、日本が世界3位の資源量を誇る地熱発電が注目を集めている。

 再生可能エネルギーは、2011年の東京電力福島第1原発事故による電力不足などで注目を集め、12年7月にその導入を促進しようとFITが始まった。特に買い取り価格が比較的高く設定され、パネルを設置するだけで導入できる太陽光発電に多くの企業が参入した。

 その一方で、再生エネの発電で9割以上を太陽光が占めるなど偏重していることや、買い取りのコストが電気料金に跳ね返ることについて経済界などから批判の声が上がり、FITの見直しが進められた。今年1月には、再生エネ発電による送電電力量が電力会社が設定した「接続可能量」を上回る場合、太陽光・風力発電事業者は電気の買い取りが「無補償」で抑制されるようになった。さらに、発電能力が10キロワット以上の事業用太陽光発電は、普及が進み、発電効率がよくなっていることなどをから、買い取り価格そのものも見直され、14年度の1キロワット時あたり32円を、15年4~6月は29円に、7月からは27円にそれぞれ引き下げられた。

 こうした再エネ活用の政策変更により、事業者のマインドも変わり、自然エネルギー財団が昨年秋に実施した事業者への調査では、78%の事業者が今後3年間で太陽光発電市場が縮小すると回答。「買い取り価格の見通しがない」「政府の導入目標が不透明」などが事業のリスクとなっていると答えている。

 そんな中、新たに脚光を浴びてきたのが地熱発電だ。日本は、狭い国土の中に活火山が集中しており、地熱資源量は2300万キロワットと豊富で、米国の3900万、インドネシアの2700万に次ぎ世界3位を誇る。だが、発電に利用されているのはわずか2%で、米国の約3000メガワットに対し、約500メガワットと6分の1程度にとどまっている。

 日本では、活火山のある地域の大半が国立公園に指定されているため、開発が厳しく制限されていることに加え、温泉をくみ上げる巨大な発電設備を設置して事業を開始するまでに長期の工事や膨大な費用が必要だ。さらに設備の設置などで景観が壊れたり、温泉の湯量や温度に影響したりすることについて地元の不安があることなどが導入のハードルとなっていた。そこで今回のFIT見直しでは、地熱についての買い取り価格は据え置かれ、抑制の対象にもしないなど導入促進に向けた配慮がなされた。

 こうした状況を受け、事業者も太陽光発電から地熱へのシフトを模索する動きが出てきた。太陽光発電・蓄電システム開発販売を行う「グローバル・リンク」(東京都千代田区)では、温泉の蒸気を利用して、沸点が低いアンモニアなどの2次媒体を沸騰させてタービンを回して発電する「バイナリー発電」に着目した。

 同社の冨樫浩司社長は元々蓄電池を開発していた技術者で、東日本大震災で再生エネに注目が集まったことから太陽光発電事業に参入した。その中で、蓄電池をカスタマイズすれば比較的小規模な設備で、効率のいい発電が可能になり、温泉の蒸気を利用すれば温泉を利用している地元の理解も得られるとみて、長野市の温泉施設を買い取って地熱発電に参入。年度内に九州や東北などで10基のプラントを設置したいという。冨樫社長は「温泉で無造作に捨てられている蒸気に注目した。発電した電気は、地元の旅館やホテルなどで利用していきたい。また、設備には発電所なみのメンテナンスが必要で、これは地域の雇用にもつながる。地元と協業しながら町おこしを含めて、地熱発電を推進していきたい」と語っている。

 巨大な設備を持たず、小規模な施設でエネルギーの“地産地消”を目指す取り組みは、再生エネルギー利用のポイントになりそうだ。今後、こうした動きが普及するか注目したい。

最新ニュース

BizBuz アーカイブ
  • (動画付き記事)グッドアイズ建築検査機構:住宅市場のストック型シフトで中古建物の価値見直し 「第三者機関」に注目

     人口減や景気の低迷などで新築住宅着工戸数が減少する一方、中古住宅の流通が増加し、中古物件の建物の価値が見直される中、欠陥住宅や耐震性などをチェックする「第三者機関」が注目されている。民間の確認検査機関「グッド・アイズ建築検査機構」を取材し、変化する住宅市場の課題と第三者機関の可能性を追った。

    ジャンル: サービス 話題
  • ライオン:保湿成分が洗い流されないボディーソープ発売

     ライオンは、吸着保湿処方により保湿成分が洗い流されないボディーソープ「hadakara(ハダカラ) ボディソープ」を28日発売する。

    ジャンル: 商品
  • GINZA PLACE:銀座に新商業施設開業 日産&ソニーのショールームも

     東京・銀座に新商業施設「GINZA PLACE(銀座プレイス)」が24日、開業した。銀座4丁目交差点に面した旧「サッポロ銀座ビル」を改築。日本の伝統技法「透かし彫り」をモチーフにした外観で、日産自動車のショールームやソニーの直営店、ショールームなどのほか、飲食店舗、物販店舗などが入っている。

    ジャンル: スポット 話題
  • 電力自由化:笛吹けど踊らず 料金プランの分かりにくさがネックに

     今年4月から電力の小売自由化が始まった。自由化前夜には新規参入組のPRや既存電力との料金比較がメディアをにぎわせていたが、実際に電力会社を切り替えた世帯は今年7月末現在で全体の3%弱。日本の電力ユーザーが笛吹けど踊らないのはなぜなのか。【経済界】

    ジャンル: サービス 話題
  • USJ:大阪城とコラボし戦国ショー

     ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)と大阪城(大阪市中央区)がコラボし、ライブショー「戦国・ザ・リアル at 大坂城」を期間限定で行うことが23日、明らかになった。同日、大阪城西の丸庭園内の特設ステージで行われたセレモニーで発表された。ショーは、ライブショーと大阪城を背景にしたプロジェクションマッピングに花火や音響といった特殊効果を取り入れた“スペクタル・ライブショー”となる。城、プロジェクションマッピング、ライブを融合させたショーは世界初。期間は12月16日~来年3月12日。

    ジャンル: イベント 話題
  • 国土交通省:データベース構築で空き家流通市場は拡大するか

     国土交通省は、全国で約7割の自治体が運営している「空き家バンク」に登録された空き家や空き地の情報について、横断的に閲覧できるデータベースの構築に乗り出す方針を決めた。管理できないまま放置される空き家が全国で増加。防災や防犯、景観面で悪影響を与えかねない実情を踏まえ、空き家の再流通や民間利用の促進を図る。【経済界】

    ジャンル: 話題
  • (動画付き記事)第一興商:カラオケ映像で熊本復興を応援 ローカル“お化け番組”が復興への一歩紹介

     熊本地震発生から5カ月、大きな被害を受けた熊本を応援しようと、カラオケ機「LIVE DAM STADIUM」などを展開する第一興商が、大人気ローカル番組「テレビタミン」(くまもと県民テレビ)と協力し、県出身の歌手・水前寺清子さんの「三百六十五歩のマーチ」のカラオケ映像を制作した。熊本城やイチゴ農園、料理酒メーカーなど大きな被害を受けながら、立ち上がって前へ進もうとする人々の姿を名曲に乗せて紹介する内容。7月下旬から全国で配信され、「涙が止まらなかった」などの反響が寄せられているという。

    ジャンル: 話題
  • ソフトバンク:Massive MIMOを世界初商用化 実効速度が6.7倍に 

     現在の100倍の通信速度で、高精細の動画や大容量のデータ伝送が実現される次世代の移動通信システム「5G」。ソフトバンクは、5Gで見込まれている最新技術などをユーザーに提供していく「5G Project」という新たな取り組みを始め、その第1弾として、基地局のアンテナ数を大幅に増やして混雑時にも安定的な通信を可能にするネットワーク技術「Massive MIMO(マッシブマイモ)」を世界で初めて商用化した。今回の取り組みの経緯や新技術などについて、同社モバイル技術本部の北原秀文・ネットワーク企画統括部長に話を聞いた。

    ジャンル: スマホ
  • ソフトバンク:大容量データ定額プラン「ギガモンスター」提供開始 

     ソフトバンクは、大容量のデータ通信サービス「ギガモンスター」の提供を13日から始めた。

    ジャンル: スマホ
  • (動画付き記事)J-LABO:訪日外国人“おもてなし”の接客に「和ごころ英語」 東京五輪に向け注力

    ジャンル: サービス 話題
BizBuz アーカイブ

震災支援特集

スマホ特集

ウィークリーニュースONZE×BizBuz