ジャンル :  低炭素 話題
文字サイズ変更

地熱発電:FIT見直しで注目 効率発電でエネルギーの“地産地消”なるか

注目される地熱発電のプラント

 太陽光などで発電した電気の買い取りを電力会社に義務づけた再生可能エネルギー固定価格買い取り制度(FIT)で、今年1月の見直しにより、電力会社による太陽光と風力の買い取りが無制限に抑制できるようになり、7月からは太陽光発電の買い取り価格も大幅に引き下げられた。そんな中、日本が世界3位の資源量を誇る地熱発電が注目を集めている。

 再生可能エネルギーは、2011年の東京電力福島第1原発事故による電力不足などで注目を集め、12年7月にその導入を促進しようとFITが始まった。特に買い取り価格が比較的高く設定され、パネルを設置するだけで導入できる太陽光発電に多くの企業が参入した。

 その一方で、再生エネの発電で9割以上を太陽光が占めるなど偏重していることや、買い取りのコストが電気料金に跳ね返ることについて経済界などから批判の声が上がり、FITの見直しが進められた。今年1月には、再生エネ発電による送電電力量が電力会社が設定した「接続可能量」を上回る場合、太陽光・風力発電事業者は電気の買い取りが「無補償」で抑制されるようになった。さらに、発電能力が10キロワット以上の事業用太陽光発電は、普及が進み、発電効率がよくなっていることなどをから、買い取り価格そのものも見直され、14年度の1キロワット時あたり32円を、15年4~6月は29円に、7月からは27円にそれぞれ引き下げられた。

 こうした再エネ活用の政策変更により、事業者のマインドも変わり、自然エネルギー財団が昨年秋に実施した事業者への調査では、78%の事業者が今後3年間で太陽光発電市場が縮小すると回答。「買い取り価格の見通しがない」「政府の導入目標が不透明」などが事業のリスクとなっていると答えている。

 そんな中、新たに脚光を浴びてきたのが地熱発電だ。日本は、狭い国土の中に活火山が集中しており、地熱資源量は2300万キロワットと豊富で、米国の3900万、インドネシアの2700万に次ぎ世界3位を誇る。だが、発電に利用されているのはわずか2%で、米国の約3000メガワットに対し、約500メガワットと6分の1程度にとどまっている。

 日本では、活火山のある地域の大半が国立公園に指定されているため、開発が厳しく制限されていることに加え、温泉をくみ上げる巨大な発電設備を設置して事業を開始するまでに長期の工事や膨大な費用が必要だ。さらに設備の設置などで景観が壊れたり、温泉の湯量や温度に影響したりすることについて地元の不安があることなどが導入のハードルとなっていた。そこで今回のFIT見直しでは、地熱についての買い取り価格は据え置かれ、抑制の対象にもしないなど導入促進に向けた配慮がなされた。

 こうした状況を受け、事業者も太陽光発電から地熱へのシフトを模索する動きが出てきた。太陽光発電・蓄電システム開発販売を行う「グローバル・リンク」(東京都千代田区)では、温泉の蒸気を利用して、沸点が低いアンモニアなどの2次媒体を沸騰させてタービンを回して発電する「バイナリー発電」に着目した。

 同社の冨樫浩司社長は元々蓄電池を開発していた技術者で、東日本大震災で再生エネに注目が集まったことから太陽光発電事業に参入した。その中で、蓄電池をカスタマイズすれば比較的小規模な設備で、効率のいい発電が可能になり、温泉の蒸気を利用すれば温泉を利用している地元の理解も得られるとみて、長野市の温泉施設を買い取って地熱発電に参入。年度内に九州や東北などで10基のプラントを設置したいという。冨樫社長は「温泉で無造作に捨てられている蒸気に注目した。発電した電気は、地元の旅館やホテルなどで利用していきたい。また、設備には発電所なみのメンテナンスが必要で、これは地域の雇用にもつながる。地元と協業しながら町おこしを含めて、地熱発電を推進していきたい」と語っている。

 巨大な設備を持たず、小規模な施設でエネルギーの“地産地消”を目指す取り組みは、再生エネルギー利用のポイントになりそうだ。今後、こうした動きが普及するか注目したい。

最新ニュース

BizBuz アーカイブ
  • 大手商社:資源安の中、各社明暗 4~6月期

     2016年3月期の連結決算で2403億円の最終利益を出し、初の首位となった伊藤忠商事。一方、最終赤字からの巻き返しを狙う三菱商事、三井物産。丸紅、住友商事を加えた5大商社の中で、幸先良いスタートを切ったのは、どの商社だったのか。【経済界】

    ジャンル: 話題
  • 日産:日本メーカー初の自動運転技術搭載新型セレナが“公道デビュー” 

     日産自動車は24日、高速道路での単一車線の走行をアシストする自動運転技術「プロパイロット」を搭載した新型「セレナ」を発売した。同じ車線を走り続ける際、アクセル、ブレーキ、ハンドルを自動制御するもので、実用化は日本のメーカーでは初めて。同社は公道デビューと称して同日、横浜市内でイベントを開いた。

    ジャンル: 商品 話題
  • 鉄鋼:円高で赤字続出 大手各社もろさ露呈

     中国の過剰生産により大混乱に陥った鉄鋼市況。それでも日本メーカーは、高級鋼にシフトし利益を確保してきた。しかし春先からの円高で採算は一気に悪化。海外メーカーより比較優位と言われていたが、その脆弱(ぜいじゃく)さが明らかになった。【経済界】  ◇中国発の市況悪化でも黒字を確保してきたが

    ジャンル: 話題
  • 新名古屋ミュージカル劇場:17年の歴史に幕 カーテンコール12回、ファンら名残惜しむ

     1999年にオープンした、劇団四季の専用劇場「新名古屋ミュージカル劇場」(名古屋市中区)が21日、閉館し、17年の歴史に幕を閉じた。この日は、ミュージカル「オペラ座の怪人」の千秋楽で、約990席の座席は満席。カーテンコールは12回に及び、終演後には多くのファンが、同劇場の建物をスマートフォンなどで撮影し、名残を惜しんだ。

    ジャンル: スポット 話題
  • アサヒHD:小路明善社長兼COO 「直観力」と「情熱」で経営に臨む

     「ダイナミックな成長の実現」。今年3月、前任の泉谷直木さんからアサヒグループホールディングス社長の座を譲り受けた小路明善さんは、こう方針を打ち出した。2015年のビール系飲料(ビール、発泡酒、第3のビール)市場におけるシェアは38.2%と6年連続で首位をキープ。主力の「スーパードライ」がけん引する形で相変わらずの強さを誇っているが、グループ全体で見ると、「ドライゼロ」のビールテイスト清涼飲料、輸入ワインで「アルパカ」、透明炭酸飲料で「三ツ矢サイダー」、乳酸菌飲料で「カルピス」、錠菓で「ミンティア」、さらにはベビーフードやフリーズドライみそ汁と、8カテゴリーでシェア1位を保持している。こうしたナンバーワンカテゴリーを、「さらに増やしていく」と、小路社長は意気込む。海外では、約3300億円を投じた英ビール大手SABミラー傘下の欧州ビールブランド「ペローニ」「グロールシュ」「ミーンタイム」の買収が現在進行中だ。この案件が完了しても「まだ3000億円から4000億円の投資余力がある」と、さらなるM&Aにも積極的な姿勢を見せる。このほか、さまざまな分野で提携戦略も推し進めていくという。就任早々、「攻め」の姿勢を強調する小路社長だが、一方で社員に対する心遣いも忘れない人情家でもある。グループトップとしての心情、そして今後のかじ取りについて話を聞いた。【経済界】

    ジャンル: 話題
  • 公演チケット:インバウンド向けカウンターが新宿に

     公演チケットサイト「Confetti(カンフェティ)」を運営するロングランプランニング(東京都新宿区)は、インバウンド向けチケットカウンター「Tickets Today(チケッツ・トゥディ) 新宿店」を25日に紀伊国屋書店新宿本店1階にオープンする。

    ジャンル: サービス スポット
  • 財務省:南シナ海判決で意識は「日中」から「日韓へ」

     オランダ・ハーグの仲裁裁判所が南シナ海における中国の権益を否定する判決を下したことで、日中財務対話の年内開催が厳しくなっている。判決前から日本や米国は伊勢志摩サミットなどで対中包囲網の構築を進めており、中国側は不快感を示していた。判決で国内の不満が高まる中、中国指導部は強硬姿勢を貫かざるをえなくなっている。【経済界】

    ジャンル: 話題
  • セブン‐イレブン:世界6万店を突破

     セブン&アイ・ホールディングスは17日、チェーンストアとして世界最多を誇るコンビニエンスストア「セブン‐イレブン」の店舗数が7月末で6万店を突破したと発表した。

  • 電子チケット:不正転売防止にフィギュアNHK杯で導入

     フィギュアスケート人気の高まりとともに高騰している大会チケットの不正転売防止対策として、11月25~27日に札幌市で開催される「NHK杯国際フィギュアスケート競技大会」で電子チケットが導入されることがわかった。日本スケート連盟が電子チケットを採用するのは、9月7~11日に横浜市で開かれる国際ジュニアグランプリフィギュアスケート競技大会に続き2例目だが、羽生結弦選手など国内トップ選手が出場する大会では初めて。

    ジャンル: スマホ 話題
  • U-NEXT・宇野康秀社長:動画配信で工夫するのは「作品との出会い方」

     豊富なラインアップを強みに展開するのがU-NEXT(ユーネクスト)だ。定額見放題に加え、新作も視聴できる独自のサービスが支持を集め、順調に加入者数を増やしている。USEN(ユウセン)の無料動画「Gyao(ギャオ)」から動画配信事業に携わってきた宇野康秀社長にビジネスの状況と今後の展望を聞いた。【経済界】

    ジャンル: スマホ 話題
BizBuz アーカイブ

震災支援特集

スマホ特集

ウィークリーニュースONZE×BizBuz