ジャンル :  商品
文字サイズ変更

ダンロップ:低燃費タイヤ「エナセーブ」が長持ちに

ダンロップ「エナセーブ」新商品発表会に登場した(左から)西実タイヤ技術本部長、箭内道彦さん、山本悟営業本部長

 住友ゴム工業は2日、ダンロップの低燃費タイヤ「エナセーブ」の第2世代となる新製品「EC203」を発表した。同社独自の新材料開発技術で不要な発熱を抑え、転がり抵抗を第1世代の「EC202」より12%低減することで、耐摩耗性能をスタンダードパターンで9%、軽・コンパクトカー専用パターンで17%向上させ、より長持ちする低燃費タイヤとなっている。

 エナセーブは、低燃費に加え原材料から石油の使用量を低減したダンロップの“環境タイヤ”。売り上げの一部でタイやインドネシアにマングローブを植樹する活動「チーム・エナセーブ」を行い、CO2削減にも貢献している。EC203は、タイヤのラベリング制度で、転がり抵抗性能「AA」、ウエットグリップ性能「c」を達成。タイヤの寿命を延ばすことで、さらに省資源を推進する。全60サイズを2014年2月に発売予定。

 この日、東京都内で行われた発表会では、新CMに歌手で俳優の福山雅治さんを6年連続で起用することも発表され、クリエーティブディレクターを務める箭内道彦さんがトークショーを行った。新CMは14年1月中旬公開予定。(毎日新聞デジタル)

最新ニュース

BizBuz アーカイブ
BizBuz アーカイブ

震災支援特集

スマホ特集

ウィークリーニュースONZE×BizBuz