ジャンル :  社会貢献
文字サイズ変更

味の素:“味スタ”命名権契約を5年更新 ブランドイメージの向上に手応え

「味の素スタジアム」のネーミングライツ契約を更新について語った味の素の広告部の澤田和英部長と東京スタジアムの土屋太郎総務部長

 味の素と東京スタジアムがこのほど、東京都調布市にある多目的競技場「味の素スタジアム」のネーミングライツ(命名権)契約を更新したことを受け、9日、同所でメディア懇談会を開催した。登壇した味の素の広告部の澤田和英部長は同スタジアムにおけるこれまでの取り組みや、契約を2019年2月末まで延長したことを説明した上で、「味の素スタジアムのネーミングライツを活用し、より幅広い世代において、より親しみやすい“味の素ブランド”イメージの醸成を目指す」とアピールした。

 ネーミングライツは、メジャーなイベントが行われるスタジアムやアリーナなどの媒体価値に着目し、スポンサー企業の社名やブランド名を施設名称に付与する広告概念で、ドイツのサッカースタジアム「アリアンツ・アレーナ」や英国のサッカースタジアム「エミレーツスタジアム」、米国の野球場「セーフコ・フィールド」などが有名。

 味の素スタジアムは国内の公共施設として初めてネーミングライツを導入し、03年から同名称で運営している。現在、Jリーグ「FC東京」などのホームスタジアムとして利用されているほか、大型のイベントやコンサートなども行われており、12年の来場者数は約128万人(近隣のアミノバイタルフィールド含む)、西競技場やそのほかの商業施設を含めると約177万人にのぼる。味の素と管理運営会社の東京スタジアムは先月、ネーミングライツ契約の更新に合意。14年3月から19年2月末までの5年間で契約金額は10億円と発表した。

 ネーミングライツの導入の経緯について、澤田部長は「革新的なブランドイメージを作ること」と「地域社会やスポーツ界へ貢献する企業姿勢をアピールすること」が狙いだったと説明。03年からの導入で、東京スタジアムとともに、独自イベントなどで地域住民とのコミュニケーションを深めたり、太陽光発電、風力発電、壁面緑化などを導入してスタジアムのエコ化を図ったりするなど、スタジアムを通じた「地域貢献企業」「健康貢献企業」のイメージの醸成を図ってきたという。

 その結果、昨年12月に同スタジアムの来場者約400人を対象に行った味の素に関するイメージ調査では、同社を「よい企業」と答えた人は99.3%、「好きな企業」と答えた人は99.0%、同社の商品を「利用したい」と答えた人は98.3%といずれも高評価だった。

 澤田部長は調査結果を受け、「ここに来てくれると企業イメージが上がるというのが実証された」とネーミングライツの効果を強調し、「施設側とスポンサー側が同じ立場に立って、企業イメージやスタジアムの価値を高めようと一緒に話し合いながら運営している。ここがほかの(ネーミングライツを導入している)スタジアムと違うユニークなところ」とアピール。今後のスタジアム運営について「東京五輪もあるので次世代スポーツの育成の場や、若年層だけでなくシニア層を含めた幅広い世代のスポーツの場、さらに“味の素ブランド”のさらなる接触の場として強化していきたい」と展望を語った。(毎日新聞デジタル)

最新ニュース

BizBuz アーカイブ
  • ヤフー:“音”を検索できる新機能

     ヤフーは23日、ウェブ検索「Yahoo!検索」の新機能として、検索したいキーワードの後ろに「♪(おんぷ)」をつけて検索すると、そのキーワードにまつわる“音”が聞ける「♪検索」の提供を開始した。

    ジャンル: 話題
  • 愛するバックショット:本格スタジオショーで世界へ 「フォーマット」海外販売を視野

     日本のソフトパワーが注目される中、テレビ番組の基本的なアイデアや構成、制作内容、手順をパッケージ化して番組制作権を売る「フォーマット販売」に各局が乗り出している。読売テレビは、初めからフォーマット販売を狙うバラエティー番組「愛するバックショット」を制作、26日午後4時半から放送する。その狙いに迫った。【猪狩淳一】

    ジャンル: 話題
  • オスカー:上戸彩、米倉涼子らの所属事務所が芸能界初の「宇宙事業開発本部」発足

     芸能事務所「オスカープロモーション」が、芸能界初となる「宇宙戦略プロジェクト 宇宙事業開発本部」を発足させたことが22日、明らかになった。同社は上戸彩さんや米倉涼子さん、武井咲さん、藤田ニコルさんら多数のタレントや俳優が所属している芸能プロダクション。

    ジャンル: 話題
  • CBCラジオ:自社番組をテキスト化しネット記事に 新サイト「RadiChubu」で掲載

     CBCラジオ(名古屋市中区)の升家誠司社長は21日、同市内で会見を開き、自社制作番組を放送後にテキスト化した記事を掲載する番組情報サイト「RadiChubu(ラジチューブ)」を31日にスタートさせると発表した。出演者のトークなど、番組の内容を、放送後2日ほどで1500文字程度の記事にし、掲載する。記事は無料で閲覧できる。4月下旬以降、外部のニュースサイトにも記事を配信する予定で、新サイトでの広告収入も視野に入れている。

    ジャンル: サービス
  • 流通科学大学:“なりたい自分”を発見する「夢の種プロジェクト」その狙い<PR>

     流通科学大学(神戸市西区)は「“なりたい自分”を発見する」を合言葉に、社会と関わりながら社会に求められる人材育成を進めようと「夢の種プロジェクト」を展開している。大ヒット番組を手がけるテレビマンらが参加する講義やテレビ番組制作などのユニークな取り組みを続けている。同プロジェクトの歩みと狙いを探った。

    ジャンル: イベント
  • MBSハッカソン:漫才VR「ツッコミの祭点」が最優秀賞 お笑い芸人らが発案

     毎日放送はこのほど、最新のIT技術を使って番組やイベントを面白くする企画を考える大会「MBSハッカソン」を開き、お笑いコンビ「ラフ次元」の空道太郎さんらのチーム「漫才VR」の「ツッコミの祭点」が最優秀賞を受賞した。

    ジャンル: イベント
  • 流通科学大学:名探偵コナンの諏訪Pらアニメの裏側語る 泡パーティーも 夢の種まつり

     流通科学大学(神戸市西区)は25日、アニメ「名探偵コナン」のプロデューサーらの公開講義や大量の泡を降らせてストレス発散になると話題の「泡パーティー」などがあるイベント「りゅうか夢の種まつり」を図書館前ステージなどで開く。「〝なりたい自分〟を発見する」をテーマにした「夢の種プロジェクト」の一環で、入場無料。

    ジャンル: イベント
  • 睡眠カフェ:店内のベッドで“快眠”可能 原宿に期間限定オープン

     店内に設置されたベッドで睡眠が取れる期間限定のカフェが16日、「ネスカフェ 原宿」(東京都渋谷区)にオープンした。店内には、電動リクライニングベッドやマットレス計10台が並び、それぞれにリラックス効果が得られるという“安眠ミュージック”が聴けるヘッドホンを設置。睡眠前にはくつろいでもらうため、カフェインレスコーヒーの提供も行う。26日まで営業。

    ジャンル: イベント スポット
  • ラーメン女子博:全国の有名店が集結 “イケ麺”がサービスも

     女性に特化したラーメンイベント「ラーメン女子博’17ーRamen girls Festivalー」が、横浜赤レンガ倉庫イベント広場(横浜市中区)で16日、開幕した。全国から選ばれた12の店舗がラーメン女子博のために用意したメニューやトッピングを提供する。20日まで。

    ジャンル: イベント
  • ザ・リーダー:コシノヒロコの生き方に迫る 3姉妹の秘話も

     経済界を引っ張る経営者にMBSの高井美紀アナウンサーがインタビューし、その人間像を描き出すドキュメンタリー番組「ザ・リーダー」(MBS、関西ローカル)が12日午前5時から放送される。今回は世界的なファッションデザイナーで80歳を超えた今も精力的に創作活動を続けているコシノヒロコさんの生き方に迫る。

    ジャンル: 話題
BizBuz アーカイブ

震災支援特集

スマホ特集

ウィークリーニュースONZE×BizBuz