ジャンル :  スマホ 話題
文字サイズ変更

インテリジェントグラス:普及へのカギは“かっこいい” ドコモ開発者に聞く

CEATECで注目を集めたNTTドコモのメガネ形ウエアラブル端末「インテリジェントグラス」

 スマホの“次のデバイス”と注目されるウエアラブル端末。幕張メッセ(千葉市美浜区)で今月開催された映像・通信の国際展示会「CEATEC(シーテック) JAPAN 2013」には、NTTドコモがメガネ形の「インテリジェントグラス」を参考出展し、注目を集めた。開発を担当した同社先進技術研究所の倉掛正治さんに開発経緯や実用化のめど、普及の“カギ”などを聞いた。(毎日新聞デジタル)

 ウエアラブル端末とは、メガネや腕時計のように身につけて利用するコンピューターのことで、直感的な操作がより簡単にでき、さまざまな分野への利用が期待されている。インテリジェントグラスは、スマートフォンの動画コンテンツをハンズフリーで閲覧できる「手ぶらでムービー」、アイコンやキャラクターなどをあたかも現実の物体を動かすような感覚で操作できる「空間インターフェース」、人や物に付加情報を加えて表示する「見るだけインフォ」など五つの機能があり、シーテックで披露されたデモンストレーションには1時間待ちの行列ができ、多くの人の関心を集めた。

 −−出展経緯は。

 元々スマートフォンの次のモバイル端末の形は何なのか検討してきて、メガネ形がいいのではということで、ここ2、3年開発してきた。端末自体はドコモで開発しているわけではないが、軽くて、カメラが付いて、バッテリーも持つものが出てきたので、それとサーバーの機能を組み合わせることで、割といいユーザー体験が提供できるアプリケーションが作れるようになった。それを出展して、お客様がどういうふうにとらえられるか反応を見たいというのが今回の趣旨。

 −−「スマホの次のデバイス」になり得るか。

 いえ。どういうタイプが流行するかわからない。あくまでも選択肢の一つ。よいものが流行するとは必ずしも限らないので、準備をしておくという感じ(で開発した)。

 −−開発の苦労点は。

 端末自体小さくなるし、手で操作することを基本的には行わないので、ユーザーインターフェースをできる限り自動化して、簡単に操作する技術が難しかった。

 −−実用化へのめどと課題は。

 ソフト的にすでに準備できているものもあれば、空間インターフェースなどまだ実験段階のものもある。あとは端末側の問題で、安定して使用できることが必要。またサービスとして見たときは、ああいう端末を掛けることがかっこいいとか思ってもらえるような市場の雰囲気もサービス実施のファクター。そこが受け入れられないと、今までと同じように限られた用途で使われる端末になってしまう。

 −−例えば、見るだけインフォはどういう分野での応用が期待できるか。

 今想定しているのは、病院とか子供を見ているところで、ケアする人が端末を掛けて、その様子を顔認識しながら、管理する。例えば検査結果の情報を見て、治療方法を検討したり、子供だったらアレルギーの情報を表示させて、食べられない食品を認識したり。そういうところから始めていければ。

 −−将来の展望は。

 スマートフォンはインターネットなどの情報を取り出すための道具だけれど、このインテリジェントグラスは自分の身の回りにある人とか物の情報を取り出すための手段。そこが大きく違うと思っている。スマホを持って、もう一つプラスワンでウエアラブルグラスを持つという世界を実現したい。

最新ニュース

BizBuz アーカイブ
  • GINZA PLACE:銀座に新商業施設開業 日産&ソニーのショールームも

     東京・銀座に新商業施設「GINZA PLACE(銀座プレイス)」が24日、開業した。銀座4丁目交差点に面した旧「サッポロ銀座ビル」を改築。日本の伝統技法「透かし彫り」をモチーフにした外観で、日産自動車のショールームやソニーの直営店、ショールームなどのほか、飲食店舗、物販店舗などが入っている。

    ジャンル: スポット 話題
  • 電力自由化:笛吹けど踊らず 料金プランの分かりにくさがネックに

     今年4月から電力の小売自由化が始まった。自由化前夜には新規参入組のPRや既存電力との料金比較がメディアをにぎわせていたが、実際に電力会社を切り替えた世帯は今年7月末現在で全体の3%弱。日本の電力ユーザーが笛吹けど踊らないのはなぜなのか。【経済界】

    ジャンル: サービス 話題
  • USJ:大阪城とコラボし戦国ショー

     ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)と大阪城(大阪市中央区)がコラボし、ライブショー「戦国・ザ・リアル at 大坂城」を期間限定で行うことが23日、明らかになった。同日、大阪城西の丸庭園内の特設ステージで行われたセレモニーで発表された。ショーは、ライブショーと大阪城を背景にしたプロジェクションマッピングに花火や音響といった特殊効果を取り入れた“スペクタル・ライブショー”となる。城、プロジェクションマッピング、ライブを融合させたショーは世界初。期間は12月16日~来年3月12日。

    ジャンル: イベント 話題
  • 国土交通省:データベース構築で空き家流通市場は拡大するか

     国土交通省は、全国で約7割の自治体が運営している「空き家バンク」に登録された空き家や空き地の情報について、横断的に閲覧できるデータベースの構築に乗り出す方針を決めた。管理できないまま放置される空き家が全国で増加。防災や防犯、景観面で悪影響を与えかねない実情を踏まえ、空き家の再流通や民間利用の促進を図る。【経済界】

    ジャンル: 話題
  • (動画付き記事)第一興商:カラオケ映像で熊本復興を応援 ローカル“お化け番組”が復興への一歩紹介

     熊本地震発生から5カ月、大きな被害を受けた熊本を応援しようと、カラオケ機「LIVE DAM STADIUM」などを展開する第一興商が、大人気ローカル番組「テレビタミン」(くまもと県民テレビ)と協力し、県出身の歌手・水前寺清子さんの「三百六十五歩のマーチ」のカラオケ映像を制作した。熊本城やイチゴ農園、料理酒メーカーなど大きな被害を受けながら、立ち上がって前へ進もうとする人々の姿を名曲に乗せて紹介する内容。7月下旬から全国で配信され、「涙が止まらなかった」などの反響が寄せられているという。

    ジャンル: 話題
  • ソフトバンク:Massive MIMOを世界初商用化 実効速度が6.7倍に 

     現在の100倍の通信速度で、高精細の動画や大容量のデータ伝送が実現される次世代の移動通信システム「5G」。ソフトバンクは、5Gで見込まれている最新技術などをユーザーに提供していく「5G Project」という新たな取り組みを始め、その第1弾として、基地局のアンテナ数を大幅に増やして混雑時にも安定的な通信を可能にするネットワーク技術「Massive MIMO(マッシブマイモ)」を世界で初めて商用化した。今回の取り組みの経緯や新技術などについて、同社モバイル技術本部の北原秀文・ネットワーク企画統括部長に話を聞いた。

    ジャンル: スマホ
  • ソフトバンク:大容量データ定額プラン「ギガモンスター」提供開始 

     ソフトバンクは、大容量のデータ通信サービス「ギガモンスター」の提供を13日から始めた。

    ジャンル: スマホ
  • (動画付き記事)J-LABO:訪日外国人“おもてなし”の接客に「和ごころ英語」 東京五輪に向け注力

    ジャンル: サービス 話題
  • マイナビ:家庭教師の新サービス 学生とのビジネスに挑戦

     就職情報大手の「マイナビ」は、学生とのネットワークを生かした新サービス「マイナビ家庭教師」を展開、現役大学生講師にこだわったスタイルで、7月には医学部受験に特化したコースも新設した。進学、就職で学生支援を続けてきた同社がなぜ家庭教師ビジネスに進出したか、狙いを聞いた。  同社の就職情報提供サービスには毎年、大学生約80万人が登録しており、就職情報だけでなく、学生支援のサービスなども提供してきた。その中で「学生と共にビジネスを展開したい」と家庭教師サービスのプロジェクトが発足。2015年2月にサービスを開始した。東大、慶応大、早稲田大を中心とした現役大学生講師約1000人が登録している。

    ジャンル: サービス 話題
  • goo:AIが回答する恋愛相談サービス開始 ディープラーニングで人間らしさ学習

     NTTレゾナント(東京都港区)は、ポータルサイト「goo」のQ&Aサービス「教えて!goo」で、人工知能(AI)が恋愛相談に応じるサービスの提供を始めた。ディープラーニング(深層学習)を使って学習し、相談者の気持ちに寄り添った人間らしい回答をするのが特徴で、同社によると、ディープラーニングを使って複数の文を組み合わせ、自然な回答を生成する技術は世界初という。

    ジャンル: サービス 話題
BizBuz アーカイブ

震災支援特集

スマホ特集

ウィークリーニュースONZE×BizBuz