ジャンル :  イベント 社会貢献 話題
文字サイズ変更

ツール・ド・東北:自転車イベントで復興支援 道端カレンさんら「元気届けたい」

宮城・三陸エリアで11月に開催されるサイクリングイベント「ツール・ド・東北 2013 in 宮城・三陸」のアンバサダーに就任した(左から)為末大さん、古田敦也さん、長谷川理恵さん、道端カレンさん、宮澤崇史選手、片山右京さん

 ヤフーと河北新報社は24日、東日本大震災の復興支援などを目的に11月3日に宮城・三陸エリアで初開催するサイクリングイベント「ツール・ド・東北 2013 in 宮城・三陸」の参加者の受け付けを始めた。この日、東京都内でイベントアンバサダー就任発表会が行われ、アンバサダーに就任したモデルの道端カレンさんは「(最長コースの)160キロ完走を目標に、皆様に元気を届けたい」と意気込んだ。

 ツール・ド・東北は、被災地の復興支援と、震災の記憶を未来に語り継いでいくことを目的に、宮城・三陸エリア(石巻市、女川町、南三陸町)を舞台に、160キロ、100キロ、60キロの3コースで、順位やタイムを競わないファンライド形式で行われる。参加者の定員は1500人で、公式サイトからエントリーを受け付けている。

 アンバサダーには、道端さんのほか、モデルの長谷川理恵さん、スポーツキャスターの古田敦也さん、元陸上選手の為末大さん、元F1ドライバーの片山右京さん、自転車プロロードレーサーの宮澤崇史選手ら各界の著名人が就任。タレントのみのもんたさんもスペシャルサポーターを務めることが決定した。

 河北新報社の一力雅彦社長は「この大会は被災地の現状をより多くの人に知ってもらうことが目的。自転車なら被災地の今がより体感できると確信しています。今後の復興に向けての希望を地元の方と共有していただきたい」と呼びかけ、ヤフーの宮坂学社長も「やる以上は10年以上続けたい」と抱負を語った。

 当日は休憩所で地元の食を提供するなど、三陸の今を感じてもらえるようなイベントとして開催され、アンバサダーが協力してのチャリティーオークションをはじめ、出場者以外も参加できるさまざまな企画が催される予定。詳細は公式サイト(http://tourdetohoku.yahoo.co.jp/2013/)まで。(毎日新聞デジタル)

最新ニュース

BizBuz アーカイブ
BizBuz アーカイブ

震災支援特集

スマホ特集

BizBuz動画