ジャンル :  イベント 社会貢献 話題
文字サイズ変更

バイエルン・ミュンヘン・ユース・カップ:日本代表選考イベントを宮城県で開催 

 6月にドイツで行われるサッカーユーストーナメント大会「FCバイエルン・ミュンヘン・ユース・カップ」ワールドファイナルに出場する日本代表選考イベントが21日、宮城県塩釜市のスポーツ広場で開催される。独サッカークラブ「バイエルン・ミュンヘン」のグローバルアンバサダーを務める元西ドイツ代表選手のポール・ブライトナーさんが来日しスカウトする。

 同大会は、同クラブが12年から開催する14 ~16 歳のユース世代による国際的なサッカートーナメント大会で、今回で2回目。日本をはじめ中国、インド、ドイツ、オーストラリア、ブラジル、イタリアの7カ国でワールドファイナルに出場する各国の代表選手の選抜大会を実施。各国で選抜されると同クラブにスカウトされるチャンスが与えられる。

 選考イベントの日本での開催は今回が初めてで、同クラブのオフィシャルプレミアムパートナーを務める太陽光発電メーカー「インリー・グリーンエナジー・ホールディング」(中国)が開催。福島県、宮城県、岩手県の子供たちを対象に実施する。

 イベント開催時間は午前11時~午後5時半で、参加者の募集を10日まで受け付けている。対象となるのは、6月のドイツでの大会に参加が可能で、宮城、岩手、福島県に在住か、東日本大震災時に3県に住民票があった14~16歳の男子。募集人員は200人。応募が多い場合は、応募内容に応じて選考する。詳細は同社HP(http://www.yinglisolar.com/jp/media/events/)へ。(毎日新聞デジタル)

最新ニュース

BizBuz アーカイブ
BizBuz アーカイブ

震災支援特集

スマホ特集

BizBuz動画