ジャンル :  話題
文字サイズ変更

高齢者の骨折:転倒防止で予防を 片足立ち、スクワットなどの「ロコトレ」を推奨

セミナー「骨折の予防・治療・リハビリの実態から未来を考える~ドミノ骨折を防ぎ、健康寿命を延ばすために~」で講演する松下隆教授

 骨、関節、筋肉など運動器の機能の維持・改善を支援する「日本整形外科学会」は、このほど東京都内で高齢者の骨折に関するセミナーを開いた。現在、高齢者の要介護原因のうち、1割を骨折や転倒が占めており、講演した帝京大学医学部整形外科学講座の松下隆・主任教授は、寝たきりに通じる足の付け根の骨折「大腿骨近位部骨折」の原因を、「骨がもろくなることと、転びやすいこと。転んでいないのに折れるということはほとんどない。骨を丈夫にすることのほかに、転ばないようにすることが大事」と訴え、骨密度検査と片足立ちやスクワットなどの「ロコモーショントレーニング(ロコトレ)」、室内の危険箇所の点検や改善を呼びかけた。

 セミナーは「骨折の予防・治療・リハビリの実態から未来を考える~ドミノ骨折を防ぎ、健康寿命を延ばすために~」と題して行われた。大腿骨近位部骨折の発生件数は、87年に約5万3000人であったが、年々増加しており、07年には約14万8000人、50年には30万人を超えると予想されている。

 松下教授は、厚生労働省が5月に発表した日本人の平均寿命が男性79.55歳、女性が86.30歳でありながら、同省が6月に初めて発表した介護を受けることや寝たきりになることなく自立して健康に生活できる期間「健康寿命」が男性70.42歳、女性73.62歳だったことを提示。その差を縮めるために、メタボリックシンドロームや認知症の対策に加え、骨、関節、筋肉、腱、神経などの運動器の障害によって要介護になる危険が高い状態「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」の対策が必要と説いた。

 しかし、松下教授が、40代以上の男女3000人を対象に12年9月5~6日にインターネットで行った調査(複数回答)によると、高齢になると骨折のリスクが高まることを知っていた人が95.8%に上る一方で、骨密度を定期的に測っている人は12.6%で、血圧を測っている人(75.7%)、コレステロール値を測っている人(57.2%)を大きく下回った。また骨折の原因が骨の強度が弱くなることだと認識している人は84.7%だった一方、転倒しやすくなることだと認識している人は22.7%だった。また骨の強度低下を防ぐために行っていることは「特にない」と答えた人が36.0%、転倒しやすくなることを防ぐために行っていることは「特にない」と答えた人が38.5%だった。

 その結果を受け、松下教授は「まずは自分で、高齢になると転ばない努力をしなければいけない、骨が折れる確率が増えるということを自覚していただきたい」とし、「バランスと筋力アップを心がけること。ロコトレのほか太極拳が効果があるといわれている。一本足立ち訓練は、非常に転倒予防に効果がある。またじゅうたんの厚みに引っかかって転ぶなど、ほんの小さな段差は転びやすいので、家中からそういうものをなくすように」と提言した。さらに「(片足立ちで靴下がはけるか、階段を上るのに手すりが必要かなどの)ロコチェックをし、リスクのある人は骨密度の検査をすること、ロコトレで転ばないようにすることが大事」と話した。

 また初回の骨折のほか、「2回目以降の骨折の連鎖『ドミノ骨折』を減らす努力が必要」といい、脊椎(せきつい)が押しつぶされるような骨折「脊椎圧迫骨折」を起こした人、片方の大腿骨近位部骨折を起こした人が、次に大腿骨近位部骨折を起こす割合はそれぞれ約3~5倍、約4倍であるとし、かつ3人に1人の割合で最初の骨折後、1年以内に発生すると話した。ドミノ骨折の予防について薬を用いた骨粗しょう症の治療を積極的に行うこと、骨折前よりも積極的に起立歩行訓練などの運動をすべきことを挙げている。

 ロコチェックは、日本整形外科学会の「ロコモチャレンジ!推進協議会」のサイトで行うことができ、同サイトではロコトレの方法も紹介されている。(毎日新聞デジタル)

最新ニュース

BizBuz アーカイブ
  • 東京五輪:総合演出は北野武が一番人気

     東京五輪について開会式を演出してほしい人をアンケート調査したところ、映画監督の北野武さんが最多となったことがBIGLOBE(ビッグローブ)が行った「東京五輪についての意識調査」の結果から明らかになった。

    ジャンル: 話題
  • スタイルアクト:東京23区内の高年収学区を公表

     不動産コンサルティングのスタイルアクト(東京都中央区)は30日、東京23区内の平均世帯年収を小学校区ごとに算出し、各行政区で1位となった校区を公表した。全体で最も平均年収が高かったのは、港区の南山小学校区だった。

    ジャンル: 話題
  • 東京コミコン:ポップカルチャーのビッグイベント日本上陸 日米の人気コンテンツが出展

     米シリコンバレーで6万人を動員したポップカルチャーの祭典「コミコン」の姉妹イベントで、12月に幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催される「東京コミックコンベンション2016(東京コミコン)」の開催発表記者会見が30日に東京都内で行われた。会見では、人気映画「バイオハザード」シリーズの最終章「バイオハザード:ザ・ファイナル」(ポール・W・S・アンダーソン監督)のブース出展や「スパイダーマン」などのコミック原作者のスタン・リーさんの来日など、イベント内容の一部がお披露目された。

    ジャンル: イベント 話題
  • HAKUTO:月面探査ローバーの実機デザイン決定

     世界初のロボット月面探査レースに挑戦する日本唯一の民間月面探査チーム「HAKUTO(ハクト)」の月面探査ローバー(車両)の最終的なフライトモデルのデザインが決まった。これまでの実験・開発をもとに、コストを抑える一方、ミッション遂行に必要なパフォーマンスとのバランスが最適になるよう多くの改良が加えられた。このデザインを基に2017年1月までに実機を製造し、2017年中に月面へ向けて打ち上げられる予定。

    ジャンル: 話題
  • 南部靖之パソナグループ代表:インタビュー 動き始めた「働き方改革」

     ◇安倍首相が踏み込む同一賃金同一労働

    ジャンル: 話題
  • 日本電産:「M&Aで失敗しない男」永守重信会長の自信

     2014年度の売上高1兆円達成後、大きな買収案件がなかった日本電産だが、ここに来て過去最大規模の買収を成立させた。M&Aで高値つかみしない同社だけに「適正価格で買収できた」と永守重信会長兼社長は胸を張る。これを機に中期計画の重点事業を大きく飛躍させる構えだ。【経済界】

    ジャンル: 話題
  • (動画付き記事)全国ふるさと甲子園:「ラブライブ!サンシャイン!!」みかんどら焼きや朝ドラスイーツも 全国のロケ地がグルメをアピール

     全国の地方自治体など55団体が映画やテレビのロケ地とご当地グルメをアピールするイベント「第2回全国ふるさと甲子園」が27日、東京・秋葉原の秋葉原UDX「アキバ・スクエア」で開かれる。NHK連続テレビ小説「まれ」やアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」などで話題のグルメが登場する。

    ジャンル: イベント
  • 大手商社:資源安の中、各社明暗 4~6月期

     2016年3月期の連結決算で2403億円の最終利益を出し、初の首位となった伊藤忠商事。一方、最終赤字からの巻き返しを狙う三菱商事、三井物産。丸紅、住友商事を加えた5大商社の中で、幸先良いスタートを切ったのは、どの商社だったのか。【経済界】

    ジャンル: 話題
  • 日産:日本メーカー初の自動運転技術搭載新型セレナが“公道デビュー” 

     日産自動車は24日、高速道路での単一車線の走行をアシストする自動運転技術「プロパイロット」を搭載した新型「セレナ」を発売した。同じ車線を走り続ける際、アクセル、ブレーキ、ハンドルを自動制御するもので、実用化は日本のメーカーでは初めて。同社は公道デビューと称して同日、横浜市内でイベントを開いた。

    ジャンル: 商品 話題
  • 鉄鋼:円高で赤字続出 大手各社もろさ露呈

     中国の過剰生産により大混乱に陥った鉄鋼市況。それでも日本メーカーは、高級鋼にシフトし利益を確保してきた。しかし春先からの円高で採算は一気に悪化。海外メーカーより比較優位と言われていたが、その脆弱(ぜいじゃく)さが明らかになった。【経済界】  ◇中国発の市況悪化でも黒字を確保してきたが

    ジャンル: 話題
BizBuz アーカイブ

震災支援特集

スマホ特集

ウィークリーニュースONZE×BizBuz