ジャンル :  商品 社会貢献
文字サイズ変更

ヤフー:復興弁当第1弾「石巻爆速復興弁当 金華ぎん」の販売をスタート

復興弁当第1弾「石巻爆速復興弁当 金華ぎん」

 ヤフー(東京都港区)が運営するプロジェクト「復興デパートメント」は12日、東北の食材を使用した「復興弁当」第1弾として「石巻爆速復興弁当 金華ぎん」の販売を開始した。同日には、弁当の試食会が本社で行われ、同社の宮坂学CEO(最高経営責任者)らが参加した。

 「復興デパートメント」は、東日本大震災の被災地の復興支援を目的に展開。インターネットを活用し、被災地の人たちが自ら売れる仕組みを作り、新たな地方活性化モデルの構築を目指すプロジェクトだ。“インターネットの百貨店”という設定で同名のサイトを開設し、農産物や海産物、伝統工芸品など東北地方のさまざまな商品を扱っている。

 復興弁当は「おいしく食べて復興支援!」をテーマに、東北地方のさまざまな食材を用いて作られ、1個につき50円が復興支援のために寄付される。第1弾「石巻爆速復興弁当 金華ぎん」は、宮城県石巻市のブランド魚「金華ぎん」と呼ばれる銀鮭の塩焼きをメーンに、石巻産の小女子を使ったピリカラ煮やワカメのつくだ煮が盛り込まれたお弁当で、価格は950円。

 同社によると、まずは社内で社員向けに弁当を販売し、今後販路を拡大していく予定。また、インターネット事業を展開するスターフェスティバル(東京都渋谷区)が運営するサイト「ごちクル」に出店している「復興デパートメント」でも11日、予約販売を開始した(届けは14日から)。1万円から配送を受け付けている(地域によって異なる)。(毎日新聞デジタル)

最新ニュース

BizBuz アーカイブ
BizBuz アーカイブ

震災支援特集

スマホ特集

BizBuz動画