ジャンル :  イベント 社会貢献
文字サイズ変更

東北観光博:震災で落ち込んだ観光客増に観光庁が音頭 マラソン藤原選手もエール

ロンドン五輪男子マラソン代表の藤原新選手らが登場した「東北観光博」記者会見の様子

 観光庁は15日、東日本大震災で落ち込んだ東北への旅行需要の喚起などを目的にしたキャンペーン「東北観光博」(東北観光博実行委員会主催)の記者発表会を東京都内で開いた。東北全体を博覧会会場に見立て、主要観光地域28カ所を「ゾーン」に設定し、各地域独自の観光コンテンツの提供で観光客を呼び込むキャンペーンで、登壇した同庁の溝畑宏長官は「(震災の復興支援などがあり)皆さんに対してありがとうという思いで素晴らしい舞台を用意しました。東北の復興が日本の元気につながると思います。このキャンペーンは、我々みんなで日本国民あげて、東北を元気にするというキャッチフレーズで取り組みたい」と力を込めた。

 同キャンペーンは18日から13年3月31日まで、「こころをむすび、出会いをつくる。」をテーマに、観光客と地域の人々との交流を促進する施策やサービスを展開し、“ふれあいの旅”という新しい観光スタイルの実現を目指す。同庁はキャンペーンで東北への観光客数を東日本大震災前の10年の水準である1億2000万人に戻す基本目標を掲げている。

 設定されるゾーンは、青森県では「弘前」「津軽半島」など、岩手県では「花巻・遠野」「盛岡・雫石」など、秋田県は「秋田・男鹿」「田沢湖・角館」など、宮城県は「松島」「仙台・秋保・作並」など、山形県は「米沢・おきたま」「銀山温泉」など、福島県は「会津」「郡山・磐梯熱海」など。

 それぞれのゾーンで、鉄道駅構内に地域観光案内人を配置した「旅のサロン」を設置し、その地域の魅力をアピール。また、スタンプラリーや提携店舗でサービスが受けられる「東北観光博パスポート」を観光客に配布し、ゾーン間の移動や再訪を促進し、地域の人と触れ合う機会も創出する。そのほかにも、特設サイトの開設や、公式ガイドブックの発行などを予定している。なお、被災4県(青森、岩手、宮城、福島)の太平洋沿岸部については、復興と人的交流を促進する取り組みを行っていくという。

 会見には、ロンドン五輪男子マラソン代表の藤原新選手が特別ゲストとして登場。藤原選手は、初めて東北に行った時の思い出を「高校のインターハイの時だったんですが、第一印象は人が温かいということ。練習で走っていると『頑張れ』とか話しかけてくれた。それでインターハイを頑張ろうという気になれました」と振り返り、「東北には素晴らしい風景がある。そういう道を、温泉に入りながら、おいしい食事をとりながらランニングしたい」とにこやかにコメントした。藤原選手のほか、俳優の津川雅彦さんや、お笑いコンビ「トータルテンボス」などもイベントに登場した。(毎日新聞デジタル)

写真特集 全12枚

もっと見たい方は写真をクリック!

最新ニュース

BizBuz アーカイブ
BizBuz アーカイブ

震災支援特集

スマホ特集

BizBuz動画